新着Pick
166Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「誰もやらないだけで、やってみたらできた」という成功体験は何物にも代えがたいですが、それだけにそもそもちそれに挑戦することのハードルが高くなりがちですね。誰もやっていないけど、自分がやらずにいられない対象をまず見つけることが大事かと思います。
「革命は『疑うこと』だと思います。」

「疑う感性を維持するためは、つねに自分のコンフォート・ゾーンから出ないといけません。」

-------------------------------------------------

これ、すごく大切だと思います。

大前研一さんは人間が変わるのは①時間の使い方が変わる②住む場所が変わる③会う人が変わるの3つだと仰います。特に③は影響が大きいように感じます。

ベンチャー企業が成長していく過程においては、「社長と副社長の差は副社長と社員の差より大きい、かつ開いていく」と言われたりしますが、それも多分に社長と副社長の「会う人」が違うことに起因している気がします。

社長はその肩書きから知らない社長と会い、話すことが多い。一方で副社長は勝手知った社員と飲んでたりする。

勿論、社員と飲むのも大切なんですが、「うわっ、俺こんな実績ある人たちと会食しちゃっていいのかな」というようなコンフォートゾーンではない人と場所が感性を磨いてくれると思います。
マジョリティは普段、自分がマジョリティであることを意識しません。日本で暮らす我々日本人は、自分が日本人であることを強く感じる場面はあまりないでしょう。でも、一旦海外に行ってマイノリティとなると、自分の国民性を強く意識するようになります。同じく日本で暮らす外国人も、自分のルーツを強く感じていることでしょう。マイノリティは、得てして、非常に感受性が強くなるものです。マジョリティのデリカシーのなさに対して、それが悪意のないものであっても、過剰に反応し、傷つくものです。
エピソードが面白い。何事も自力で工夫。
開成のロゴ入りカバン作ったってのは伝説の域ですね。

埋もれる中からアイデンティティーを模索することも、マイノリティだから自分らしく貫くこともある。二人は背景が異なるが、共通してるのはおかれた環境でチャレンジしてること。
ビズリーチ南社長と、freee佐々木社長の共通点は、学生時代にアウェイ感を味わった経験でした。佐々木社長のアイデンティティ喪失を克服したエピソードが面白い。
「疑う感性を維持するためは、つねに自分のコンフォート・ゾーンから出ないといけません。」というのはとてもよく分かるし、耳の痛い話。人間、易きに流れるもので、ついつい居心地の良い方へと選択してしまいます。
これは今後意識していきたいですね。
自分はつくづく普通の子供だったのだなぁと感じました(笑)

後悔はしていませんが。
スイミーの話は今の幼稚園や小学校などでも教えてもらっているようです。マイノリティな子に教えてあげよう。
正攻法で勝てないのはホントにそう思いますね。いかに競合しないかがベンチャーのキモですね。
>数年後にそれが学校の公式かばんになったんです。

私立の中学ってえてして、こうした柔軟なスタンスがあって、本当にクリエイティブな人が多い。


私は残念ながら私立の中学には落ちてしまったのですが笑
え、開成のかばんって佐々木さんが作ったの!?笑
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。