新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ビデオ、お急ぎ便無料、音楽、フォトと、かなりお得感があります。特に学生は年会費が安いので囲い込みの魅力が凄まじいです。
人気 Picker
オリジナル制作であるばかりでなく、世界で見てもらえる作品にすることが大切。日本の作品が、世界に飛び出ていくチャンスになりますが、他言語化は対応しているのでしょうか。

例えば、英語の強みはありますが、英制作のDownton Abbyは秀逸で、アマゾン・プライムでワンシーズンまとめて見てしまいます。
AmazonUK制作の「高い城の男」は秀逸でシーズン2も。日本でどんな名作が生まれるのか楽しみ。コンテンツはインフラの特性にあわせて多様に発信されていけばいい。
ネットフリックス、アマゾンと独自コンテンツを作っていく流れが、日本においてテレビ局の牙城を崩していくか注目。なんだかんだで、日本においては規制に守られたことで圧倒的な集金力があり、故に圧倒的な予算でコンテンツを作れていた(作るのは別なので、正確には「発注できていた」ですかね)というのがテレビ局最大の強みだと思うが、別の集金ロジック(ネット、海外も含めたマルチユース)でインパクトのある規模感での制作費が出せるようになると、コンテンツとメディア(伝える媒体、土管という狭義の意味)がアンバンドルしていくのかもしれません
動画配信のオリジナルコンテンツが充実してきましたねー。

個人的に一番驚いたのは、Netflixがミリオンセラー小説「火花」を独自コンテンツとして作成したことです。
映画化しても観客動員が期待出来る原作。
すぐに家庭で見られるというのはラッキーです。
すでに仮面ライダーアマゾンズはオリジナルとして配信されてます。子どもが楽しむのとはまた違った雰囲気で、地上波にも少しそぐわない。ネット配信ならではのいいところをついている感じの作品です。
アマゾンがついに日本オリジナル作品を制作する。Netflix、Huluとこれでやっと同じ土俵で戦うことなる。これからの争いが楽しみ。まtあ、いつまでプライム会員の価格が今のままのなのかも気になるところ。
プライムへの囲い込みが着々ですね。アマゾン側としては安定性が増しますし、顧客側としては本当にアマゾンから離れられなくなりますね。
オリジナルコンテンツ、観たいのだが、ビジネスマンはゆっくりビデオなぞ、観ている暇はないのが現実。可処分時間の取り合いはMAXへ。
独自コンテンツはAmazonに期待していない。個人的にビデオはおまけ。お急ぎ&送料との主従逆転はあまり想像がつかない。
動画市場はNetflixやAmazonのビデオコンテンツ市場と、YouTubeやソーシャルメディア上のアマチュア動画コンテンツ市場と同時にレッドオーシャン化。動きが高速化してる。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績