新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
夢のある技術ですね いろいろなシーンで使えそう こういう技術は、どんどんひろまってほしい
今回の技術が必要背景にはIoTがあります。フォグ・コンピューティングのためにも必要な技術です。

末端のセンサー情報の一つ一つは小さくても集まれば大量データになりますし、データ通信時の帯域、バッテリー消費などは馬鹿になりません。

今回の技術は、末端で発生データをニ値化/グレースケール化→画素数を落としてサイズを小さくする→通信サイズを小さくする→結果集めたデータは必要に応じて復元する、といった現在の制約の中では現実的なアプローチが可能になります。

昔から似たような技術はありましたが、それは数点の画素に対して人間が色を与えてあげる必要がありました。今回はディープラーニングによる学習とモデル化を実現しているようなので今っぽい研究成果のようですね。
こういう分野でのAI利用は実用的だし納得感がある。あまり職を奪う感じもないし。どしどしお願いします。
過去の画像からそれっぽい色をディープラーニングで塗らせる。花や猫などを認識できるから、色も塗れるというわけ。ただ、何色になるかは、学習データ依存です。
人工知能というか高度な色彩分析でしょ
何でも人工知能っていってたら全部そうなっちゃう

まあこの技術はかなりいいけど!笑
これってもうあちこちでやられているようだが早稲田のは他とどう違うのだろうか Automatic Colorization http://tinyclouds.org/colorize/ Colorful Image Colorization http://richzhang.github.io/colorization/
お金になるかはさておき、これは面白い! 分子生物学かじった者としては、これを応用して特定のタンパク質を着色できたりしないかなって。
そういうアイデアか!驚き!今後も誰も考えたことのない意外な対象に、ディープラーニングを応用していくのでしょうか。楽しみです
これは、すごい。