onishi_ban.001

なぜサッカースタジアムを建てないのか?

オバマ訪問で沸く広島。旧広島市民球場をめぐる「仁義なき戦い」

2016/5/29

ど真ん中の「真空地帯」

5月27日、米オバマ米大統領の訪問で世界の目が集まった広島。午後4時すぎ、安倍晋三首相を乗せて岩国基地を飛び立った自衛隊ヘリは、広島・平和祈願地区の「空き地」に着陸した。

実は地元広島では、この空き地を巡って「仁義なき戦い」が繰り広げられている。

ここにサッカースタジアムを建てたいJリーグ・サンフレッチェ広島と、別の場所に誘導したい広島県と広島市が一歩も譲らぬ構えで対峙しているのだ。

午前10時。筆者は新幹線で広島に着いた。そのまま車で平和記念公園に向かう。広島県警はもとより警視庁、大阪府警など全国から動員された警官で敷地内は物々しい。

道を一本隔てたところに、その「空き地」はあった。

旧広島市民球場跡地。市の真ん中に巨大な空白地

旧広島市民球場跡地。市の真ん中に巨大な空白地

旧広島市民球場跡地。2009年に広島東洋カープの本拠地が現在のマツダスタジアムに移転した後、2010年まではアマチュア野球に使われていたが、2012年に解体され、その後は現在に至るまで更地のまま放置されている。

オバマ大統領の訪問を数時間後に控え、観光客と警官でごった返す平和祈願地区の中で、そこだけが奇妙な静けさを保っていた。120万人都市・広島のど真ん中にある「真空地帯」である。

サンフレッチェ会長の提案

ここに「サッカースタジアムを作りたい」と言っているのが去年のJリーグチャンピオン、サンフレッチェ広島である。

現在、使っている「エディオンスタジアム」は老朽化が進み、トイレの数や屋根の大きさ、照明設備の性能がJリーグの基準を満たしていない。おまけに陸上競技のトラックがあるため、観客席からグラウンドが遠く、サッカーの臨場感が伝わりにくい。

2011年にクラブが新スタジアム構想を打ち上げ、40万人の署名を集めた。

その後、さまざまな議論を経て、候補地は旧広島市民球場と市の中心部から南に7キロほど離れた「広島みなと公園」の二カ所に絞られた。サンフレッチェが希望していたのは、アクセスの良い旧広島市民球場である。

ところが広島県、広島市、広島商工会議所の三者で構成する作業部会は2015年、「広島みなと公園が優位」という結論を出す。

「旧広島市民球場がある平和祈願地区は建物の高さ制限があるため、3万人収容のスタジアムを建てるためには地面の掘り込み作業が必要で、広島みなと公園に比べ建設費用が80億円高くなる」というのが、その理由だった。

待ったをかけたのがサンフレッチェ広島の久保允誉会長。サンフレッチェ広島の筆頭株主になっている家電量販大手、エディオンの社長でもある久保氏は2016年3月、「ヒロシマ・ピース・メモリアル・スタジアム構想」を発表した。

このプランでは収容人数を2万5000人にすることで地面の掘り込みを不要とし、建設費用を140億円に抑える。このうち30億円を久保氏とエディオンが負担、寄付金を30億円、スポーツ振興くじ(toto)などからの助成金35億円を見込み、後の45億円は借り入れで賄う。