新着Pick
261Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カイラシュさんの素晴らしい活動により、児童労働への関心が高まり国際的な法律も制定され、児童労働自体は少しずつ改善されているように感じます。ただ、一方で少年兵と呼ばれかり出される子どもたちは、中東・アフリカを中心に後をたちません。2002年に児童権利条約が国連によって締結され、94カ国が署名しています。その条約では、18歳以下の児童が戦争に参加することを禁止しています。しかし、依然としてその数は増えていると言われています。

私も含め、日本にいると分からないことというのが多いと思います。この場合の「分からない」というのは、自分で情報を取りにいかないと触れられないということです。
このような記事が拝見できることで勉強させて頂けることは、とても有難いです。
素晴らしいですね。わが身をすてて働く人は、遠い存在の聖人と思われがち。冒頭、読み手のハードルを下げる坂之上さんの語り口も良いと思いました。

日本の企業社会にいる人に「何ができるか」考えると、2つのアプローチがあります。

1)消費者として
児童労働・強制労働により作られた商品を買わない

⇒どうやって見分けるの? という疑問がわくはずなので

2)生産者として
責任あるサプライチェーンの構築

⇒いわゆるグローバル企業は10年以上前からCSRの枠組みに「労働」や「サプライチェーンへの責任」が入っています。海外の下請け工場に労働者のマネジメントを適正にやらせるところまで、自社の責任になる、という発想で、ユニクロのCSR担当はバングラなどの工場を視察に行っていました。

インドはカースト制があるから…と他国の文化慣習の責任を問うだけでなく、より安いものを求めて他の要素を見ない、発注元の責任も考える必要があります。
極端な一例ですが、両親が物乞いならば、生まれ持った職業(物乞い)を全うできるように、生まれた子どもの手足までも切断して、同情を誘うための商売道具にしてしまうカースト制の現実…。
あらゆる力を借りて、教育の現場に子どもたちを戻す活動がノーベル平和賞に認められてよかったです。この受賞が、さらに多くの子どもたちを救えるようになったのではないでしょうか?
良いレセプションでしたが、そのトークセッションが記事になって読める・・・とても嬉しいですし、多くの人に読んでほしいです。

カイラシュさんは、大らかな太陽のような、そして、いたずらっ子のような方でした。つれていった教え子は大感激。

そして日本にも児童労働や「買われる子ども」のために活動する女性たちがいます。誇らしいことです。

少しの関心と少しの寄付、そしてその関心を人と分かち合うことで、カイラシュさんや彼女たちを支援することができます。
インタビューに同席しましたが、カイラシュさんからは「強い意志」と「少年のような無邪気さと優しさ」がひしひしと伝わってきました。シンプルですが、「明るいこと」はリーダーにとって最重要な要素ですね。
「私は死なずに生きている」という言葉は経験しないと言えない言葉ですね、こういう記事を見るといかに日本が恵まれているのか、と思い知らされます。
環境のせいにして諦める、なんて恵まれてることなんだな、恵まれてる環境にいる以上、とにかく何かを成し遂げないと顔向け出来ませんね、さらに引き締めて頑張らないと。
カイラシュさんを歓迎するレセプションのトークセッションがNPのコンテンツとして活用されることは素晴らしいです。坂之上さんの絶妙な質問がご本人の人間性を引き出してくれて、もっともっと大勢のオーディエンスが耳を傾け、児童労働という世界課題に意識を配ってほしい内容だったので。

カイラシュさんとお会いするのは初めてでしたが、温かい笑顔を支えている真心は熱く、強く、輝いていると感銘を受けました。さすがノーベル平和賞の受賞者!会場で10回ぐらい握手しちゃいましたw。ノーベル平和賞受賞者と握手できる機会は、あまり無いですからね。
国境がスラムを作ったと言われます。19,20世紀の移民は6千万人の欧州人だけでした。後続のアジア人には定住権を認めませんでした。21世紀はアジアアフリカから先進国に移民を認めれば、しばらく混乱はするでしょうが、確実に格差はなくなり、スラムはなくなります。もちろん奴隷もです。先進国住民の決心次第ですが、難しいでしょうね。
今回カイラシュさんの来日をコーディネートし、4日間の滞在中30のイベント、講演、インタビュー、面会などに同行しましたが、坂之上さんがカイラシュさんの優しく気さくな人柄と、根底に流れる強い意志と行動力、その両方を本当に巧みに引き出して頂いたと思います。世界中を飛び回るカイラシュさんに、由香、家族とさえ連続して4日間も一緒にいることすらないんだよ、と言われたのですが、今回そんな栄誉に授かって彼を観察して一貫しているなと思ったのは、ユーモアを忘れないこと、自分が得たパワー《ノーベル平和賞受賞という栄誉》を、自分のためではなく、いま権利を侵害されている子どもたち、苦しんでいる人たちのために最終的にプラスになるように使うということです。こういうパワーを上手く使いこなすのはなかなか難しいと思うのですが、それを戦略的かつ感覚的に使いこなしていると思いました。
児童労働の定義や実態については、ACEのウェブサイトをご覧くださいませ。
www.acejapan.org
カイラシュさんのストーリー、壮絶だな、短い言葉でしか言われてないけど、殴られたりするのって結構大変っすよ。