新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
いかなることも、ケチをつけることは可能です。もっとシンプルに物事を考えることができたらどれほど楽なのでしょう。
人気 Picker
サミットは首相にとって、国内へメッセージを送る最大な場であることは理解できるけれども、ホスト役として最初の一言として失望しました。まずは、歓迎の言葉、それから厳しい課題を含む本題に入ることが、友好国の間のプロトコルでしょう。世界も会見を見ますから。グローバル社会において日本の存在感を高めてほしいと思う自分にとっては残念な一コマでした。
米軍関係者の犯罪率が取り立てて高いわけではなく、日米地位協定の如何に拘らず生じた犯罪です。再発防止は重要ですが、発生率をどの程度下げられるかという確率の問題で、オバマ大統領も絶対発生させないとコミットしたり地位協定を見直したりとこの一事をもって言える筈がありません。安倍首相も「沖縄の心」を斟酌すれば決して理解を示して見せる訳には行かないでしょう。お互い、厳しい表情をせざるを得ないのも、なんとなく分かるような気がします。不幸なタイミングの事件ですが、被害者のご冥福を祈りつつ、報じられている表情がサミット全般を覆うものでないことを念じたく思います。
渋澤さんと同趣旨のツイートを国際政治学者の三浦瑠麗さんもされていました。
一言目にあれはないだろうと。

会談直後の記者会見をずーっとメモして、それを見返した時にいくつか気付いたことがあります。
①安倍首相の一言目は、沖縄の米兵事件への抗議だったこと。
②首相は大きく3つの話題を出しました。沖縄の事件が最初で、次に広島訪問への歓迎と核兵器なき世界へのメッセージ、最後にG7として世界経済を力強く牽引したいということ。
③これに対して、オバマ大統領は一言目にG7と世界経済の推進について言及し、TPPの推進、さらに日米同盟が二カ国の安全保障にとって重要なものであると述べることから始まりました。
④オバマさんは相当沖縄のことを気遣っていた印象があります。公式な「Apologies」はなかったものの、「Condolences」があり、記者から質問されていないにもかかわらず自ら沖縄のことを話し始めるシーンが見受けられました。
⑤オバマ大統領は、会談内容が相当多岐にわたったことを印象づけるがごとく、かなり多くのことに言及しました。北朝鮮への抑止力について、移民・難民への対応、イラクへの対応、パリのテロを含めてこれからのGlobal Issuesへの対応、広島訪問と核兵器なき世界についてなど。

もっとも印象深かったのは、オバマ大統領が同時通訳を止めた点です。
逐語訳にしてくださいと。
おそらく自分の言葉で日本の皆さんにお話ししたいと思われたのではないでしょうか。同時通訳による、ある種不安定なものではなく、なるべく一言一句原語に忠実に訳してもらえるように。
通常なら、皆さんの仰る通り、歓迎の言葉から入るべきだっただろう。
とくに、今回はオバマ大統領が、現役の大統領として初めて広島を訪問する契機なのだから。

その「歓迎ムード」を台無しにしたのが、先週、沖縄で起きてしまった、米軍属の男による、身勝手かつ残虐な犯罪であり、それゆえに、今回のサミットに先立って行われた日米首脳会談はこれまでとは違ったものにならざるを得なかったのだろうと考えられる。

私も驚いたのだが、それほど今回の問題は、深刻であり、日米関係の友好的な雰囲気に大いに水を差すことであったということではないでしょうか。
また、翁長知事が「オバマ大統領に直に会い抗議」というのを止めるには、知事は内容的には不満と言っているが、このような会見内容は必要だったと考えられる。

プロトコール上、残念であろうし、いきなりサミット開始前から重い空気を醸し出してしまうことになったが、国内向けにも、米国民向けにも、仕方がなかったものであると思う。

それよりも、余談だが、あの通訳のアレンジはないだろう。
NHKで観ていたが、同時通訳と現場での通訳が2重に流れ、大変聞き取りづらかった。どちらかにしてほしかった。。
思ったより否定的な意見が多いんですね。誰もがわかる約束事をあえて外し、ネガティブな話題から入るのは、オバマ大統領と、安倍首相の間で、「あえて」やった演出と考える方が自然だと思います。
日米の間で友好ムードの演出などは必要なく、本音で語り合った!というイメージを演出でき、かつ、反対派をも黙らせる迫力があったと思いますね。
最後に首相官邸とホワイトハウスの全文書き起こしへのリンクが貼ってあるのがありがたかったです。オバマ大統領のスピーチの方が論じられたトピックをより広範にカバーしており、参考になりました。
小泉さんの時とかと違ってやはりかたい。外交は積極性と軽さ、フランクさが大事だと改めて思った。
正解のないものですし、どこに焦点を当てるかによって見方が異なるのは致し方ないところですね。首相はそれを承知の上で同盟国として信頼関係が構築されている前提で、あえて最初から厳しい発言をしたのだと思います。個人的にはこれはこれでありだったのかなと。オバマ大統領の対応も日本側に十分配慮したものであったと思いますし。
今日の総理のリーマンショック発言は理解に苦しむが、昨日の厳しい発言は理解できる。
確かにまずは歓迎のお言葉でお出迎え出来れば良かったかもしれませんね。最初と最後は何事も大切です。また、今回に関しては事件のことを勘案すると強い姿勢を見せることはとても重要だと思います。笑顔を見せるお話ではないかと思います。

オバマ大統領からの「心の底からの哀悼の気持ちと深い遺憾の意を表明しました。日本の司法制度のもとで捜査がなされるよう、米国は継続的に協力します」という言葉。誠実な事件の対応を願います。

有意義なサミットとなることを願います。