新着Pick

あの「聖徳太子」が教科書から姿を消すワケ

東洋経済オンライン
最近の歴史教科書では、「厩戸王(聖徳太子)」とカッコの中に入れられている聖徳太子。その理由を解説し…
412Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「歴史は勝者が作ったもの」だとよく言われます。
支配を行うのに都合のいいように書き換えられることは日常茶飯事でしょう。
「聖徳太子像」というのも、都合よく作られた偶像の可能性が高いということですね。

ちなみに「大学への日本史」というのは知りませんでした(汗)
東大日本史の知識は山川の教科書で十分だったと記憶しています。
世界史は山川の教科書だけではカバーできなかったような・・・。
あるカリスマ創業者の本を読んだ時、あまりに多才なエピソードに感銘を受けました。後にその会社の役員と知己を得てその話をすると、『あぁあれね。〇〇と〇〇のエピソードやったの実は俺。やっぱさ、創業者をカリスマにした方が都合がいいじゃない?普通はそんな1人でできるはずがないって思うのに結構みんな信じてるんだよ』とあっさりと二次会の席で言われました。

世の中そんなもんかもしれません(笑)
いい国作ろう鎌倉幕府はまだショックが少なかったが、これはちょっとショックかもしれぬ。相当なレベルで聖徳太子推しされていた気がするので。(^_^;)
東洋経済新報社で本書を担当した編集者は、10年以上、定期的にベストセラーを編集し続けています。マーケットが変化する中で、特別な人気作家を担当しているわけでもなく、このようにバズるネット記事も作り、継続し続けるのは稀有な例です。今後はこのような編集者しか残れないとも言えます。
10年ほど前から、聖徳太子が実在しないのは、学会で常識だとか聞いたが。
少なくとも平安以前は、藤原不比等の捏造。
確かに、言われてみればそのとおりですね。面白いです。
聖徳太子が複数人物の習合論はかなり前から定説であったような。ようやく教科書に反映されたということでしょうか。今後は邪馬台国畿内説や神武天皇と欠史八代あたりも変わるのかしら。
こういう個別の事案の正誤に留まらず、わが国の青史は大陸のそれと異なり為政者の作意に満ちていること、現代史学ですら戦前の皇国史観の影響を完全に排除できていないこと、考古学的な検証を伴わない史学的な解釈は実はたいへん脆弱であることを教えるべきだと思う。
我々が知ってる歴史はかなり変わってきてるんだよね
史実を正確に知ることは不可能に近いと思いつつも、今まで史実とされていたものが塗り替えられるかもしれないとなると、興味をそそられるのは不思議なものです。
鎌倉幕府の「幕府」も明治になってつけられたと聞きました。従って「歴史認識」問題がいかに「危うい」かも理解しておかないといけないのでしょうね。ちなみに「観光」は真実ではなく話題性が重要ですから、義経伝説も弘法大師伝説も、興味を引けば構わないのです。