新着Pick
422Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
妻へのプレゼントで意外なものを提案される。
「世界自然保護基金(WWF)への寄付でナマケモノのぬいぐるみ付」なかなか面白いですね。

ヒントをどれだけAIに提供できるか、でサプライズが決まりパートナーへの愛情がより図られる(いまもそう変わらないか)。

一方、価値が決まっているものを選択するには競争がさらに激しくなりそう。最近、北海道のホテルをおさえるのに空きがなく、週末は平日の3倍の値段。一旦予約したものの、2週間を切ると2倍くらいまで下がったものが出始め予約を切り替えました。決断とタイミング選びがモノを言うようになる。

いずれにせよ、どのくらい自分の要望を的確に言葉にできるかが勝負。
お店で自分の意向を伝えて探してもらうような感覚でメッセンジャーでアドバイスもらって買い物する事が普通になる日も近いですね。お店によって選ぶセンスが異なるように、BOTによっても、BOTの裏にいるオペレーターによってもレベルが異なってくるとは思うので、メッセンジャー(BOT UI)による接客が一般的になるだけなのか、BOTが検索行動に代替されるのか注目。
買い物が便利で満足できるようになるということは、それだけたくさんの買い物をしてしまうということです。
「買い手」よりも「売り手」の方にメリットが大きいでしょう。
消費拡大という経済効果も見込めます。

もっとも、ご利用はあくまで計画的に(笑)
逆の見方をすると、botに選ばれる商品やお店にならないと商売が破綻してしまう。こうなっていくと、消費者よりもbotを対象にした戦略を考える方が優先事項になっていきそう。
便利です。これは断言できます。
ただし、まず始まるのはコールセンターやテレビショッピングの電話部分の代替が早いでしょうね。eコマースの場合電話するのが面倒だったりします。
あとは、購入そのものよりも、問い合わせ対応。劇的に便利です。
一定の情報を引き出すところまではボットがやって、最後の穴埋めは人間がやる。こういったハイブリッドモデルにしばらくなるだろうし、それで情報もたまっていく。
なお、ネットサービスの多くで課題となる言語について、本件も重要。下記の「Google翻訳に聞いてみた」という連載、クスっと笑えて好きなのだが、逆に言えば英語ベースでやっているアルゴリズムをそのまま使おうとすればこうなるということ。選択肢があるドロップダウン・ラジオボタンから選ぶのではなく対話していくとこういった口語も増えていきそう。それでユーザー体験がちゃんとできるか。また逆に日本発・アジア発のサービスは、ここの開発に時間が取られて、英語圏での展開がどうなるか。
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/series/3280/
不便やね
アマゾンに置いてあるような商品はチャットには代替されないと思います。チャットに代替されるのは「選択肢に悩む」「高額」などの商品です。例えば不動産とか、金融商品だとか。

そうなるとAIチャットbotに行動心理学を習得させれば売れる営業マンになると気が付きます。アンカリング効果を使って、買わせたい商品を買わせる…そんな事も可能になります。もちろん詐欺商品を売りつける事も可能になりますが、それをやる企業はやはり長期的に停滞していきます。

したがって最終的には、より顧客目線で、価値のあるモノをお勧めしてくれるチャットbotを提供している企業が支持されます。

つまりチャットbotは次の3軸で評価されていくはずです。「コンバージョンレート」「顧客満足度(気持ちよく買わせる度)」「購入後フィードバック評価」
UIはきっといいのだろうけど、UXはどうなのだろう。日頃ものを買うまでのステップを考えるとシンプルに手間にしか思えないので、あくまでも補助的な過渡期の仕組みにしか思えないですね。
これはとっても考えさせられる進化。。。ECのアイテム数が膨大に膨らんだ結果、検索やレコメンドやランキングから、チャットボットによるおすすめにどれくらいが置き換わるのだろう。

19世紀末にパリにできた世界最初の百貨店ボンマルシェが、今の小売業の基礎を作ったと言われていて、それまでと何が変わったのかというと、だれでも自由に入れて、さまざまなカテゴリの商品を一堂に見ることができ、しかも、価格はだれに対しても同じ、という、今のお買物の当たり前が、当時の百貨店のイノベーションだった。

それまで帽子店、香水店などアイテムごとの専門店で、店主がお客に合わせて、奥から商品を出してきてくれ、店先に商品が並んでいないのが普通だった。小柄な人には小さいな帽子、お金持ちそうな人には高い帽子を見せる。値段も時価。お客側に全然なかった選択の自由を、民主化したのが百貨店だった。

150年近い時を経て、チャットボットが専門店の店主のように、またお客に商品をお店の奥から出してきてくれるUIが採用されるのかと思うと、、、百貨店出身の私には、とっても感慨深い。