新着Pick
1406Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
家や車は、地位財と言われて、他人との比較で幸福度を感じるとされてきました。一方、余暇の過ごし方は今までなら他人と比較しなくても良かったのでその絶対水準から幸福感が得られると言われてきました。しかし、フェイスブックで友人の余暇の過ごし方がアップされるようになってくると、そうした活動まで地位財になってきて、友人よりよくないと幸福感が得られなくなってきたということだと思います。
よく言われていることではあるが、研究結果として出ているのか、と。

ただ、特にFBなどの投稿は、目の前の出来事の価値を、見る人の羨望と想像をかきたてるようなベストの写真を使い、言葉を用い、最大化させる傾向がある。
実はそれを見て鬱になっている人よりも、上げている本人の方が、その作り上げられた仮想充実の中でしか気持ちを保てない弱い人であったりもする。
本当に「スゴイ」人は、スゴイと思われることを投稿したりなんてしない。
まあ、幸福度ってのはやっかいなもので、特に決められた度数がないので、何かに比べてマシかどうかで測るしかないよね。

だから手っ取り早いのはニュースやワイドショーを見て、他人の離婚や死亡や倒産なんかの不幸と比べて、「自分の方がマシだなあ」と思って上げるのが簡単だね。Facebookみたいなリア充写真ばかり見てたら、幸福度が下がるのは当然だよね。

ちょっと手間だけど、自分の辛かった過去を思い出して比べて、今のほうがマシだと思うのも手だよね。

もっと手間だけど、未来に起こるかもしれない不幸を想像するのも手だよ。今、近くにいる人が震災とかでいなくなったらなんて考えると、「今いてくれてありがとう」とか思うから、未来に比べてマシな今に感謝できるよ。

「比べてマシ」な幸福はいろいろあるけど、ちょっとでもマシなもんと比較できたなら、自分が好きになれるから、幸福度ちょ〜アップだよね。
「SNS上で友人の投稿を見て、他の人たちは幸せで充実した人生を送っているとうらやみ、うつになる」という。みんなアップしないが、苦しいことや悲しいこともあることを忘れてはならない。苦あれば楽あり。
「外に出ているのが、その人のマックス」。そう思ってます。いや、そう思うようにしてます。

凄い経営者に実際お目にかかると、実は腰痛で悩んでいたり、奥様とうまくいってなかったり、結構多くの悩みを抱えている事に気付きます。良く見てみると、実は社内もあまりうまくいっていなかったりして。それで、ちょっとホッとしたりする自分がいます。あぁ、そんなに違わないんだ、同じ人間として、と。
友人の近況が知れて好きですけどね-。いいところしか見せないのはSNSに限らず人間の性。
新しいツールはいつだってこのような結果が出てくるのはなぜでしょう?
ポケベルの頃も、ケータイメールの頃もいつも言われる。
Forbesの元記事と原著の抄録の限りでは、このような横断分析において、逆の因果関係(鬱傾向だからSNSに依存し易い)や偽相関の可能性はどのように考察されているかは不明。素人目には、低鬱リスクのコホートに基づく縦断分析(SMSの利用度に従いリスクが上昇することを示す)でなければ、結論するには早計と感じますが…
尤も掲載誌は国際鬱不安症学会の機関誌でありSCImagoで長年Q1すなわち信頼性が高い雑誌だし然るべき査読がなされているはすですが、専門家がどういう根拠でこう判断したかが気になるところ。
しかしForbesの記事は原著を明示しリンクまで貼っているのに、日本語の記事はなぜ省略してしまうんでしょうね。このような扱いに我が国での科学報道の未熟さを感じます。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/da.22466/abstract
余談ながら私見としては、Facebookは確かに見栄と余所行きの世界なので気を付けて扱う必要が有るように思う。LinkedINは名刺代わり、Instagramはパケット食う、YouTubeはもっと、google+は操作がわからない、mixiは人がいない。やはりTwitterだよ、ツイッター!
SNSがうつ病の原因に 確かにSNSは、昔の旧友にばったり出会えるなどの便利さがある反面、タイミングによっては、他人の活躍が気に障ることはある 

SNSも同窓会などと同じくあくまでも【晴れの姿】を表現する場
シンクロナイズドスイミングや水球でいう水面の華やかさ 実は華やかに見える人でも水中では、足をバタバタさせてがんばっているもの ということを意識できるとまた違うかもですね
便利な時代だなと思います。普段滅多にお話しできない、お会いできない人の近況を知ることができて、会ったときに久しぶりな感じがしないくらいです(^^)

忙しいと見れないし、無理することはないですよね。お互い様です。みんな自分の都合で自分が好きなように使っているだけですもんね。

心配なのは子供達。若いと仲間はずれになるという恐怖心から無理をするとなると、心が病んでしまうこともあるのかも知れませんね。
NewsPicks使用者の幸福度も下がるのかな。(笑)
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
57.9 兆円

業績