新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LGBTをアパレルが仕掛ける。
素晴らしい取り組み。
PRADAにとどまらず、ハイエンドブランドのジェンダーレス化が加速している。数年前、メンズのいくつかのコレクションで、スカートや透ける素材などのフェミニンなアイテムが出てきたとき、メディアも、バイヤーも、おそらく一過性のトレンドだと考えていた。メンズのファッション市場の大部分は、スーツに代表されるビジネスアイテムであるし、それは今までもこれからも不変のテーマだとされていた。しかしその後、歴史は大きく動きはじめた。

エディ・スリマンの最後のショーとなったLAでのショーをはじめ、メンズとレディスを同じテーマで、同じアイテムを男女で着こなせるサイジングで作って発表するブランドが出始めている。しかもデザインは必ずしも性を排除したユニセックスなものではない。GUCCIも2017年からメンズとレディスのショーを統合すると発表した。これまで、メンズは1月と6月、レディスは2月と9月にコレクションが発表されるのがラグジュアリーファッションビジネスの不文律で、発表時期が違うからデザイナーも違うブランドもあるし、テーマも全く別だった。男と女のファッションは、同じテーマで表現できるものではないとされていたからだ。

それが、昨今のミレニアル世代、ジェネレーションZなど若年層では、スーツを着て、会社に行く、というライフスタイルが崩壊し、国籍や性別や文化の多様性に対する寛容度が、今までとは激変しているなか、ブランドはメンズレディスがワンテーマの強いメッセージ性を持って、スタイルのもつ世界を伝えていくほうが、今の時代に合っているのは間違いないと思う。

これは、ラグジュアリーファッションだけではなく、これによって雑誌やデパートやファッションビルや、今まで大分類が『性別』に起因していたさまざまなビジネスが、大きく変わる可能性だって秘めている、とてもわくわくする進化のはじまりかもしれない。
最近、全体的にこの傾向は強くなってきている。
ーー
「プラダ」の画期的なところは、どちらが着ても成立するユニフォーム的なアイテムを提案しているところ。ここ数年、女性モデルの登場率は平均30%台をキープしている。
“2010年秋冬以降のメンズコレクションで、レディスのルックが占める割合
ー19.6%(119/607)”

“「プラダ」の画期的なところは、どちらが着ても成立するユニフォーム的なアイテムを提案しているところ。ここ数年、女性モデルの登場率は平均30%台をキープしている。”
プラダ (Prada S.p.A.) は、イタリアを代表する高級ファッションブランドを展開するアパレル企業である。ミラノに本社を置く。 ウィキペディア

業績

新着記事一覧
コロナ時代急激に注目を集める組織のウェルビーング~鈴木英敬×松永貴志×松山大耕×矢野和男
GLOBIS知見録 最新記事
2Picks

日本が理解できない変わりゆく世界の「今」ー海外ポップカルチャーから学ぶ世界の価値観#1
GLOBIS知見録 最新記事
2Picks

ビジネスでの好感度の決め手は「感謝」か「謙遜」か⁉
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
3Picks

道徳の不可解な両義性
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

資産運用で忘れがちな「為替リスク」、自分に最適な通貨配分の決定法 - 政策・マーケットラボ
Diamond Online
3Picks

高校で始まる金融教育、「2つの不安」とプロが本当に教えたい10の知識 - 山崎元のマルチスコープ
Diamond Online
4Picks

70歳定年時代の到来、「会社依存」型の40~50代が絶対にやっておくべきこと - ニュース3面鏡
Diamond Online
2Picks

生物も企業も「失敗しないと死ぬ」理由 - 進化思考入門――創造性のヒミツは生物進化にあった!
Diamond Online
2Picks

ウィズコロナで価値を高める新横浜の“大型研修施設”――その魅力を探る - HRオンライン
Diamond Online
2Picks

こういう時に、育ちがわかる! 経済力が違う方とのお店選びで気をつけること - もっと!「育ちがいい人」だけが知っていること
Diamond Online
2Picks