新着Pick
193Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
20日間におよぶLINE特集のフィナーレ。上場に向かうLINEと、韓国と日本にまたがるガバナンスについて、取材班全員で最後のストーリーを書きました。
全20回に及ぶLINE特集も、ついに最終回を迎えました。

LINEの上場を巡る動向も、ここにきて潮目が変わりました。
その最新動向と、ネックの1つになっていた資金決済法の問題の深層を追いました。
LINEは関東財務局に5月に違法認定されたので、金融当局から業務改善命令/業務停止命令を食らう見通しもある。この点につき、その後、業務改善を終えれば、今年7月に上場できるだろう、との記事。

ただ金融界の常識では、業務改善やコンプライアンス態勢の構築がちゃんとなされているかを一年くらい当局がモニタリングする期間がある。それが終わって初めて業務改善完了となる。

だから、"違法を認めたので、その直後に上場できる"とする本記事の内容にはやや疑問。東証は、金融当局に従う組織。

なお、「業務停止処分」などの行政処分関連について詳しくは、以下の一覧にあるマネックスや楽天証券など、業務停止を食らった後に復活した当事者企業を取材すると簡単に分かる。NP記者は優秀なので、金融業界をより一層取材して欲しい。

<業務停止処分 一覧>
H17 クレディスイス信託銀行(業務停止)
H17 ステートストリート信託銀行(業務停止)
H17 JPモルガン証券東京支店(業務停止)
H17 さわかみ投信(業務停止)
H18 大和証券(業務停止)
H18 三井住友銀行(業務停止)
H18 東京海上日動火災(業務停止)
H18 損保保険ジャパン(業務停止)
H19 三菱東京UFJ銀行(業務停止)
H19 ピクテ投信投資顧問(業務停止)
H20  マネックス証券(業務停止)
H20 楽天証券(業務停止)
H21 シティバンク銀行(業務停止)
H23  シティグループ証券(業務停止)
H23 UBS証券会社(業務停止)


金融庁HPより著名企業のみ一部抜粋 http://www.fsa.go.jp/status/s_jirei/kouhyou.html
ウチは種類株出せとか、評価が安いだとか、そんな大それた事は言いません。供託金もちゃんとやっております。是非一度ご検討をお願いいたします〜!
今はその気がないので必要ないけど、しないのと出来ないのとは、ぜんぜん違うからね。
最終回です。

連載中も何とか取材を続け、最後、取材チームで書き上げました。

取材に協力下さったLINEの方、金融の関係者の方、内外の関係者の方、ありがとうございました。
そして日韓親子上場という十字架を背負うことになる。これは良くないと思う。それと、NAVERとハンゲーム系企業との複雑な取引関係もリスクとなると思われ
必見!ついに最終回で「通貨」の話が来た。詳細は記事に譲るが、従来からの論点であった種類株の話が止まったことと、通貨の話、と。通貨に関しては、個人的になぜこのリスクを取ったのかがよく分からない状況だったが、これで背景が分かった。また昨日、下記記事Pickしたが、そこで財務局が本件悪質と見なさず、業務改善命令などの行政処分をしない見通しとあった。本記事読むと、うーんと思うところはあるが、もしこの財務局の見解に関する報道を真とすれば、Goサインが出たという解釈となる(経過観察のタイミング論はあるだろうが、一つの事象としては決着がついた形という認識)。
https://newspicks.com/news/1561189?ref=user_100438
しっかりとした取材に基づいた素晴らしい連載でした。お疲れさまでした
今回は直近の資金決済法問題について凄い掘り下げています
このニュースはNPで読み、コメントも何となく目を通しても
⚫新興企業でコンプライアンスがなってない
⚫これで上場にも影響がありそう
というような印象が自分の中で形成されていた感じがしましたが、前者は間違ってはないにしても、日韓のもっと根深い問題があり、その認識は少し前からあり対応を進めていたという点は新しい情報だったし、今回違反とされたことによって、問題に「カタがついた」というように上場にはむしろポジティブなものとしてとらえられている点も新鮮でした
NPの強化された取材班に今後も期待です
LINEのプレスリリースを真っ向から否定する記事。骨がありますね。
「LINE POP「宝箱の鍵」が「通貨」に当たると社内で指摘があったのに、当社がアイテムの用途を制限するなど仕様を変更し規制対象と見なされないよう恣意的な内部処理をして財務局には届け出なかった、という事実は一切ございません。」
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1315

加えて、仮に本記事のとおり、韓国側の開発部隊がゲームの提供先国である日本の法令の遵守を顧みずにどんどん新機能導入を進めてしまう体制が背景にあったのだとすると、今回の件を受けてどのようにそれが改善されたのかという辺りが気になりますね。
ついにLINEも上場ですかね。
いや〜読み応えのある素晴らしい記事でした。毎日記事が更新されるのを楽しみにしていました。
当たり前のことですが、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスなど、ビジネス紙は週刊が多い中、NPは日刊なので、スピード感が違いますね。骨太の連載が毎日読める。
この連載について
世界2億人以上が利用する人気メッセージアプリのLINE。韓国と日本のハイブリッド経営によって、悲願の上場準備を進める急成長企業の素顔に迫る。

業績