新着Pick
121Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
5日間の連載、ありがとうございました。「スーパーボス」は示唆に富む本です。以下、面白かったところを抜載。ご参考に。

-スーパーボスを3つのパターン化している。「因習打破主義者」、「栄誉あるろくでなし」、「養育者」。私は、タイプでいうと「因習打破主義者」。石倉さんもそうかなと。(タイプ説明に関しては本を)

-スーパーボスの共通な要素は、「恐れ知らずなほどの自信」、「旺盛な競争心」、「たくましい想像力」、「軸がぶれない」、「表裏のなさ」。連載でも2人のそうした側面が表れていたと感じています。

-スーパーボスは「特別な何か」を見抜くとしています。この人は「何かもっている」と感じる。それは、すば抜けた知性、想像力、高い柔軟性。そうしたもの。

-「脅威を感じない力」。この記載が面白かった。有能な部下をもつと、上司は脅威に感じてしまう。しかし、スーパーボスタイプは自信にあふれているので、脅威に感じることもない。そういうことを気にせず、すば抜けた業績やイノベーションには優秀な人々の能力にかかわっている。カギは雇う際に個性、直感、大胆さ、独創性、偶然、そして究極的には情熱を重視することにある。

-完璧は最低限、求めるのは不可能なこと。スーパーボスは部下を猛烈に駆り立てる。イノベーションとビジョンの堅持はかならずしも両立できないものではなく、むしろ表裏一体。両方を求められる。

-部下の新しい挑戦をはばむ恐怖心を取り除いてあげる、また、過去にしがみつかせない。師匠と弟子のようにそばで教える。時には部下に寄り添い、引き込む。「制限するスキル」ではなく、「引き出すスキル」を使う。

-部下の潜在能力を広く見てあげる。雇った部下のキャリアを通じて早く成長し、新しい能力を開発しつづける必要があると固く信じている。

-雇った部下の邪魔をあとからしない。部下に本当の責任を与え、あとから口出しをしたり手直ししたりするような監督の仕方はすべきではない。

-反撃する勇気のある部下を高く評価する。

-逸材は必ず頭角を現してやめていく。そとで大きなチャンスを見つけた逸材が辞めたいと感じるのは当然のこと。それでも育てるのだ。

-「卒業生ネットワーク」も重要。

-最後のところに「スーパーボスになる方法」実践に移すためのアイディアがリスト化されています。
「石倉さんの出会いの話を聞いていると、同じ業界でなく、かなり広い世界からボスを得ています」違う業界のボスがいたらそれは素晴らしいことですが、ボスではなくても同じ世代の人で違う業界、領域にいる人が自分の周りにいることも、とても刺激を得られることです。一つの所属に限らず、「コミュニティ」を多く持つことも重要ですね。

自分とは異なる角度から、事象についての考えを話してくれる人は貴重だと思っています。それを元に、自身の考えを補完し、再考出来るからです。

こちらの連載、最初から拝見していましたが、非常に勉強になる連載でした。ありがとうございました。

(追記)
田口さんがコメントされていらっしゃる通り、年下の方からの指摘も新しい視点を包含している場合が多く、大変勉強になりますね。
年齢、業界関係なく、「斜めの関係」が自身の考えを昇華させ、また新しい世界への扉を開くものと考えます。
多様なコミュニティに属することも大事ですし、年上のボスだけでなく年下のメンター、リバースメンターづくりも大事ですね。そのために、昨日まで先生が語っていた年下にも「さん」づけするマインドセットが大事ですね。
連載ありがとうございました!
誰でも彼でも声をかけるというのはではないが、話を聞いてみたいと思った人に声をかけてみる一歩目の踏み出しは、大体世界を広げてくれると思う。真摯に一歩踏み出した人にちゃんと対応してくれるくらいには、世の中の大部分の人は優しさは持っていると、個人的には思う。それで踏み出して対応してくれなかったら、相性が良くなかったと思ってあきらめればよい。
そうだ、すごい人に会いに行こう!そんな感じの思いを引き起こされる素晴らしい内容でしたね。早速今日から行動します。

<引用>
・出会ったら、「何か一緒にやりましょう」とアプローチすれば
 いいのですが、みんな拒絶されるのが怖いから
 なかなかやりません。
・「石倉さんのセミナーで、こういう話を聞いて影響を受け、
 こんなことをやりました」なんて話をしてもらうと、とてもうれしい。
 だから、自分が思ったことは相手に直接伝えるのがいいと思います。

これらは本当にその通りですね、私自身も成功体験がありますが、タイミングによって億劫になる時期があって、そういう意味ではまだ自分に根付いていないんだな、と感じました。

<引用>
・焦ったってしょうがないのよ、ちゃんとしっかりやっていれば、
 そのうち大きくなれるから、地道に今やりたいことを
 しっかりやったほうがいい

これは素晴らしい言葉ですね。目先の給料や評価を気にする人は本当に多いですが、それよりも自分が何がやりたくて、今やっていることがそれに最大限最速で近づけることをやっているのか、それが決まったら地道にやりきる、これしかないんじゃないかと思っています。
これは本当にそう!
まさに自分もそうしてきたし、「会って話を聞きたい!」と思った人には、ドンドン会いに行けばいい!

草食系と言われる最近の日本の若者だが、けっこう面白い人達もいて、わざわざ遠くスイスまで会いに来る若者もたまにいる。まだまだ日本もイケる!

Go Japan!
「でも、ビジネスは時間のかかる長いプロセスがあってしかるべきだから、キャリアも焦る必要はないと考えるようになりました。」

同意です。私自身、他の人とどうしても比較しちゃいがちで、他人の成功を妬み、悔しみ、勝手にストレスを抱える性格でしたが、結局、それって自分自身を全然信用してなかったからだ、ということがわかってから、楽になりました。

努力と結果の差に時間があればあるほど、本人は辛いですが、こんな時にこそ安易に結果を求めない。結果が出るのが遅くなればなるほど、最終的に出てくる結果や喜びは大きくなりますもんね。キャリアだけではなく、すべてにおいて焦らないことが重要だと思います。
↓ おっしゃるとおりと感じます。人間いつ死ぬかわかりません。それを考えると焦ります。でも、今やりたいことにチャレンジして日々暮らしていれば、そんな焦りもおさまると感じる今日この頃です。

「焦ったってしょうがないのよ、ちゃんとしっかりやっていれば、そのうち大きくなれるから、地道に今やりたいことをしっかりやったほうがいい」
「5年後のキャリアを見据えて、今この一歩を進む」
数年に一度、担当する相手も上司も業種もビジネスモデルさえも全く違う分野に転職したり、出向したり、部署異動したり、というのは有効だと思います。その中にスーパーボスがいるかもしれない。
『人生に無駄はありませんよ。スティーブ・ジョブズが言っていたことですが、最初から道がはっきり見えていたわけではなく、後ろを振り返ったら、関連なさそうな出来事もすべて今につながっていた、と。』
→無駄には「必要な無駄」と「不要な無駄」の2種類あると思っています。
本人の希望しない仕事でも、一生懸命取り組んだことは、後から振り返ると「必要な無駄」になり、希望していない仕事だからと適当にこなすと、それは「不要な無駄」になるような気がします。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。