新着Pick
721Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外資系銀行や新生銀行(これも外資か)では、はるか昔から印鑑不要で運用されています。
昨今の技術進歩を斟酌すると、印鑑の精密な偽造は素人にでもできてしまうのではないでしょうか?
そういう意味では、印鑑不要は大きな進歩です。

それにしても、いつもながら「りそな」の前向きな姿勢には感服します。
生体認証がこれまで店頭取引に導入されていなかったのが不思議なくらいです。日本独特の印鑑という制度は、印鑑と通帳を紛失したら終わり。ここは署名取引を飛ばして一気に生体認証が拡がることに期待したいです。

もっとも、銀行員が外訪しての取引もあるし、海外の銀行に口座を持つ場合もありますから、全世界で署名取引がなくなることはないでしょうね。
あ、はい、Ishidaさんのご指摘のようなケースもありますから。
ようやくという印象だが、嬉しい第一歩。これ、クレジットカードの持参も無くせないのかな。いずれにしろ、メガバンクも追随して欲しい。
ーーー
来店客の静脈データを近赤外線カメラで読み取り、事前登録した静脈データと照合することで本人確認を行う。
窓口にわざわざいかないといけない意味がわからん
印鑑もそうだが、申込書の手書き記入と繰り返し同じ情報の記入が本当に無駄。早めの電子化が望まれます。「ここにも、氏名と住所と電話番号を書いてください」と言われた時の虚しさ。「コピペしてください」と言いそうになる。。
画期的ですね。指の静脈認証はATMでの引出しの際利用できる銀行が多くなってきましたが、印鑑の変わりになるのですね。印鑑がどれかわからなくなったり、紛失も心配しなくてよくなりますね。

気になったのは代理人による手続きの際はどうなるのかという点。印鑑と本人確認書類で対応されていたことが、静脈認証となるとどうなるのでしょうか。本人しか出来ないとなると不便な人も多いと思います。少くとも口座開設で代理人は出来ないですね。
さすが、りそな、やってくれますね。関西人としては、りそなの前身だった大和銀行のころからシンパシーのある銀行だったけど、東京の弊社周りに支店がなくて、いまは他行のお世話になっています。ぜひ、大手町に戻ってきてください! というか、他行も一日も早く印鑑不要にしてもらいたいですね。
ただ、ゴルフ場にある指静脈認証の貴重品ボックスが、一発で開いたことがない身としては不安もいっぱい。ハンコ屋さんの不安に比べればたいしたことありませんが…。
記事の最後にあるように三井住友でも国内支店での印鑑不要を2016年度に導入しようとしている。こちらはサインによる認証。りそなは静脈データと照合。どちらも印鑑という物理的なものから離れるというのはいい。

取引は印鑑不要で 三井住友銀、サインでOKに
https://newspicks.com/news/1495763
いつもどの印鑑で口座作ったかわからなくなるので困っている私としては、めっちゃくっちゃ嬉しい!印鑑を変更する手続きすごく時間かかるし!
画期的な第一歩。と言いたいけど、何で未だに印鑑前提なところが多いんだろう。印鑑業界の強力な反対でも受けているのかな、と勘繰ってしまうぐらい。
まぁ、生体認証やサインだと本人が行けない時に代理人が対応できない、というデメリットがありますね。
あと、乙武さんはどうやって開設するのか、とか。
そういえばPTA用の口座とか、僕の名前で開設してるけど、印鑑は会計に預けて運用中なわけですが、そういうのはどうなるんだろう。
株式会社りそなホールディングス(英語: Resona Holdings, Inc.)は、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ等を傘下に置く、金融持株会社。日本国内における金融グループとしては、メガバンクグループに次ぐ規模を有する、りそなグループを形成する。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績