新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内の市場規模でいけば、果物→イチゴ、野菜→トマトの市場規模が大きく、流通だけでなくその場での観光農園としても採算が取りやすいです。また、自動化のしやすさもポイントで、益々企業参入が増える食材だと見ています。
高品質のイチゴを安定供給するのはかなり難易度高いので自社生産は合理的選択。
この記事だけでは、目的がよくわかりません。

鮮度の高いイチゴを確保する目的であれば、契約農家から買い入れれば済むこと。
自社生産する真の目的はなんなのでしょう?
将来、北海道にディズニーの分園を作るとか・・・(笑)
正直、目的を教えてもらいたいです。例えば地産地消を目指し園内でイチゴ栽培などをするならストーリー面などの付加価値が見えますが、イチゴの需給が逼迫しているわけでもなく、全国のイチゴ農家から季節や用途に合わせたイチゴを手に入れるのも難しいように見えないのです。可能性としてあるのは障害者雇用を進めるためなどはあり得ます。
素晴らしい。イチゴ農家が急増したりして。ぜひ就農の流れを加速させて欲しい。オリエンタルランドの人材マネジメント手法を農業にも。
垂直統合の事例で使えそう。成長の限界を超えるために、自社消費する原材料を抑えて、付加価値を取り込んでいく。多少効率が悪くとも、成長期待に応えるためや、需要を満たし、品質を管理するために。
ディズニーランドがイチゴというのは面白いですね。
アジア各国からのお客様には日本のイチゴは大人気だそうなので、それを見込んでのことでしょうか。
北海道でということで最初はびっくりしましたが、温泉の熱を利用ということで納得です。
面白いけど不思議な戦略ですね。今の市場でも手に入れられそうですけど、通年だと満足いく品質・コストで手に入れられるいちごがないんですかね。でもこれだけ異業種でもそれができちゃう力があるのがすごいです。
宙に浮いた仕事をしている、、、という自覚があると、ラピュタのシータのセリフが心に響いて、土にまみれた仕事もしたくなってくる。という経営陣の心持ちを表しているのだと思います。吉野家はそれで大失敗。
ディズニーブランドで高価格で販売できそう。
また、将来、ディズニーのライセンス契約が切れたときのために、第二、第三の事業を今から確立しようとしているのかもしれません。
株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称: OLC)は、千葉県浦安市に本社を置く持株会社。米国のウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する各企業を統括している。 ウィキペディア
時価総額
5.50 兆円

業績

いちご株式会社(英語: Ichigo Inc.)は、J-REITの運用を始めとした総合不動産サービス事業と、メガソーラー等のクリーンエネルギー事業を展開している企業。 ウィキペディア
時価総額
1,572 億円

業績