新着Pick

進化したテクノロジーは「魔法」となる――東京大学・稲見教授インタビュー

Mugendai(無限大)|新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア
229Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
お向かいの部屋に移動されてきた稲見先生のインタビュー.
我々インタラクション系の研究者は,日夜,人と機械との寄り添い方をあれこれ考えているわけですが,それについての最先端のコンセプト「人機一体」「人間拡張」といったあたりについて,分かりやすくまとまっています.

ステマ的になりますが,先日中村伊知哉先生の書評記事でも触れられていた稲見先生の近著「スーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超える」では,このへんの議論が丁寧に,かつ多くのSF作品に触れながら分かりやすく語られています.ご興味を持たれた方にはおすすめです
とても興味深くて面白いインタビュー。「自動化」と「自在化」の考え方もわかりやすい。サンタクロースは信じていなかったけど、ドラえもんは信じていたというところが人柄でしょうか。こういう心を持った人がテクノロジーを駆使して未来を作ってくれると、絶対に楽しい未来が来そうな気がする。
タイトル通りの夢のある世界観で稲見先生の遊び心に魅了されました。恥ずかしながら「自在化」というワードを初めて知りました。透明人間も再帰性反射材をどう使うかというアイディアで実現できるんですね。発想の転換だけではできない、遊び心が大事だなと改めて再確認。
未来を見通すためのよいインタビュー
今春、慶應から東大に移った稲見昌彦さん登場。
TechとPopの先端を切り拓きます。
超人スポーツ協会の共同代表をともに務めていますが、ぼくは稲見さんについていくだけです。
Tech☓Popで世界を明るくしてもらい、ノーベル平和賞を取ってもらいましょう。

稲見さんの近著「スーパーヒューマン誕生!」について、ここに書いておきました。参考まで。
https://newspicks.com/news/1487424/body/?ref=search
都内の高速道路に適用できれば、景観対策が安く済むのではないでしょうか。観光資源開発に道が開けます
東大の先端研は私も所属しておりましたが、こんな面白そうなことをやっているとは!
今度久々に母校に帰っていろいろ回ってみたい。
『人は足りないものが満たされればそれでよいのか、という疑問が残ります。』
『おなかを満たすだけでなくおいしいものを食べたいし、寒さをしのぐだけでなくオシャレもしたい、それが人間です。』
『こうなると「マイナスをゼロにする」といった補綴工学的なものだけではなく、「ゼロからさらにプラスへ」という価値が求められ、私が拡張を目指す理由もそこにあります。』
→なくてはならないものではないが、あった方が生活が豊かになるもの。これから必要になる(求められる)技術の方向性だと思います。VRはゲームの世界で先行していますが、ARはこの観点で、VRより発展していくのではと思っています。
自在化=その“やりたいこと”をどんな状況にあっても自由にできるようにすること
→凄い印象残るメッセージ