新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

153Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
音楽やニュース、映像など、旧来のビジネスモデルが立ち行かなくなった産業からすると、LINEは、これまで届かなかった層にリーチできるまさに"救世主"と言えます。

実際、スタンプを利用した広告などは、それが完全に上手くハマった完全な成功事例だと思います。バイトとかも地方に強いと聞きます。

ですが、往々にして、そんな旧来産業の勝手な期待はうまくいかない...。

特に、音楽は嗜好性の高い分野なので、音楽好きはお金を払いますが、一度無料になれた層がわざわ有料を選ぶハードルは極めて高そうです。ゲームも、LINEでは、ミドルコアの少し複雑な作品は、まだ全然相性がよくないと聞きます。

LINEを通して、ユーザーのマインドも育てていけたら、これはすごいプラットフォームになると思います。

【追記】
一部に、誤認があったため、修正致しました。謹んでお詫び致します。
Spotifyはいよいよ日本でサービス本腰入れそうですね。記事にもある通り採用を積極的にやってきた感じがします。
ただ、音楽ストリーミングは無料に慣れきった層がAWAやLINEで、課金する層がAppleに行った感があります。LINEもSpotifyと同じようにプレミアム路線に行く事もできた気がします。Appleミュージックも日本のローカライズにそこまで力が入っているようにも見えないですし。
LINEバイトやニュースは好調ですね
LINEの取材をしていると、よく聞くのが、そのパートナーシップ戦略。基本的には業界ナンバーワンと組むことを最重視して、プラットフォームに、いろいろなサービスを載せて行く。音楽もタクシーもニュースも然りですが、とは言いながらも、そう簡単に各分野で成功できるほど競争環境は甘くはなさそうです。
LINEはユーザーが「無料」という期待をもつのでマネタイズがうまくいきにくいという話はなるほどと思った。また、LINE musicの有料会員が10万人というKPIも非常に参考になる数字
古い話だが、i-modeで月300円とかの「着メロ」サービスが数百万人単位で売れたというのはもの凄いことだったと改めて思える数字ですね
サービスを展開している海外ではSpotifyで配信がないということは、iTunesで楽曲が変えないことと同義で解釈されます。その位プラットフォームとして大きなサービスです。

今回はじめてSONYが難色を示していたことがわかりましたが、それでもSpotifyが人材を積極的に募集するようになったことからもわかるようにかなりサービス開始に迫ってきている印象を受けます。

今まで来るか来るかと言われ続けてサービスの展開に至っていないSpotify。音楽は有料か無料かということにどうしてもフォーカスしてしまいますが、今音楽レーベルがやらねばならないのは『こんなに音楽って楽しいんだ!』という当たり前の要素を広めることです。本当に音楽を聞かないという層が多くなった今ではそこから丁寧にアプローチして開拓していく他ないと思います。
第19回は音楽などファミリーアプリの現状を追います。

個人的にはLINEはあくまでメッセージアプリとして使っているので、それ以外のサービスをLINEで使おうとはあまりなりません。

LINEは音楽やタクシー、ニュースなどなどトレンドに乗ってくるのは上手ですが、なにかしら一歩抜け出したアプリがあるかといえば、あまり印象に残っていないのも否めません。

LINEのユーザ数を見れば潜在的な可能性は非常に大きいものの、サービス間送客やシナジーというものがいかに難しいものなのか。ということをLINEがまさに今、証明し始めたフェーズなのかもしれません。
心変わりしたというより、そもそもソニーミュージックはSpotifyの株主。ソニーだけじゃなく、ユニバーサルもワーナーも株主。レコード会社全体で20%くらい持っていると言われています。いずれにせよ、本当に無料tierが成立したら革命ですね。
Spotify、日本法人めちゃくちゃ積極採用してるよね。
日本上陸はよ。
そういえば、そろそろSpotifyは日本に来ないのかなと思っていたところだったので、答えが見つかってスッキリした 笑
この連載について
世界2億人以上が利用する人気メッセージアプリのLINE。韓国と日本のハイブリッド経営によって、悲願の上場準備を進める急成長企業の素顔に迫る。
Spotify(スポティファイ)とは、音楽のストリーミング配信サービス。2016年現在、1億人を超えるユーザーをかかえる世界最大手。日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア

業績

業績