新着Pick
91Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
任せることは、中間管理職として"辛い"ことがあります。任せて何か大きな失敗を部下やチームがすると、社長や上司に怒られることになることもありますが、そんな時に中間管理職が怒られずに、社長が直接部下を叱り、中間管理職が怒られないことがある。

こういう時の中間管理職は、"怒られずにラッキー"ではなく、無効化されて"辛い"。私も自らの責任で任せたプロジェクトで、失敗した際に、横にチームがいながら、自分が怒鳴られずに、チームが怒鳴られるというシチュエーションが何度かありました。"自分の責任です"と言っても、"お前は関係ない"と言われてしまう。そういうことが重なると、任せること自体に戸惑うようになってしまう。

組織に階層や権限委譲を進めるためにもどうか社長や立場の高い方々には、中間管理職のチームのマネージメントを任せること、下の方は、「上から結局守ってくれないじゃん」ではなく、たまには気持ちを組んであげながら任されてみること、そして中間管理職の方々には、上も下もみながら任せてチームで何かやってみることを楽しんでいただきたいです。
私も「さん」付けする人です。
人間関係は変わっていくから、「さん」付けした方がいいと思っていましたが、どちらかというと、呼び捨てで呼んでいた人が、呼ばれていた人の昇進などによって、「さん」付けに変わる瞬間を結構見てきたからというのが大きかったです。
小さい話にしてしまってすいません…。
今日の記事の内容も痛いほどよく分かりました。仕事を任せるにもそれなりの勇気と責任が必要。仕事の無茶ぶりとスルーパスは任せたことにならないので、そこはいつも注意しています。
また、人に動いてもらうときには、「なぜあなたか」「なぜこれをやるのか」といった理屈も必要になるので、そこも省略せずきちんと説明するように心掛けてますね。
任せることは任せられる側はもちろん任せる側としても勇気がいること。
任せる側として成り立ての時期は、先回りして失敗を予測しておく、極端な時は自分で先回りしてやっておき、無駄になって捨てたものもたくさんありました。任せる側も無駄をいっぱいすることで、ここまで予測しておけばリカバリーできるな、という範囲がどんどん大きくなっていきます。

それよりも最も重要だな、ということは感情。

 まだ早い

はよく感じることで、この感情をいかに振り払うか、だと思います。自分の自尊心も含めて、振り払う。まだ早いを

 もういける

に変えて、思い切ってだめかもしれないけどやらせてみるに踏み切れるか、によって成功と失敗のギリギリのラインで成功することが多いというのが実感値です。それによって成長のスピードは大きく変わる、後輩がガンガン成長するんですよね。そういう姿を見て、自分もヤバイヤバイと刺激をうける相乗効果が生まれると思います。
この、さん付けにして、誰でも平等に、権威を振りかざさないというのはかなり重要に思います。
 これは年功序列で安定的な職場に長くいると身につかない。自分よりも年齢の若い人がどんどん抜擢され、自分のポジションがどうなるかわからないような環境だと、自然に年齢差別はなくなる。
 自分も自分より年下の人が上司になったことありましたし、自分より年下で自分はかなわないと思う人をたくさん知っています。そういう存在を多く知っていると、たまたま今は自分が立場が上であったり、年齢が上であっても、真摯にそういう存在から学ぼうと思います。出来る限りオープンに、対話ができる人なら、誰とでもオープンに交流しなければと感じるのです。

 などと書きながら思いましたが、日本の高校までのあの、たかだか年齢1歳の差で子分と親分のような関係を強いる風土は、色々な人を不幸にしているような気がする。。。
元々人に仕事を任せる事が得意な人ってあまりいないような気がします。ある程度は訓練が必要だし、仕事を任せる事で大きな仕事ができたり、その人が育つのを目の当たりにしたり。そういう経験を通じて、任せたいと思うようになるものかなあと最近は思えるようになってきました。
昔はもっと自分1人でバリバリやりたいと思ってましたね。
部下に任せないと将来的に自分自身を苦しめることになるとわかっていてもなかなか実践に移すのが難しいのが仕事や組織というものです。

成功体験を持っている上司や組織こそどんどん部下に任せていかないと過去に縛られてイノベーションを起こせません。
新人の頃に、「期待をしてもアテにはしていない」と言われた事があり納得した事が。これを意識していると、結構任せやすくなります。
逆に「任せてください!」と言い意味でドヤって言える人も最近は少ない印象。
高度に発達した丸投げは信頼と見分けがつかない。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。