新着Pick
305Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
すでに言及されている方もいらっしゃいましたが、デリバリーの流れはさらに加速すると思われます。

ミラノではデリバリー専門の会社があり、レストランと提携しデリバリーを行います。オーダーと決済は全てアプリ。注文をすると街中に待機しいてるメッセンジャーがチャリでレストランに向かい、家や会社にデリバリーしてくれます。所要時間は45分程度。ランチなどはちょっとお腹が空き始めた時にオーダーできるのですごく便利です。すでに大手が3社あり、街のあちこちに広告が売ってあり、右肩上がりと言えるでしょう。

日本でもデリバリーサービスがありますが、全て大手資本の系列店のみ。よって、偏りが出てきてしまい、さらに会社ごとにアプリを入れないといけないので電子書籍のような状態になるでしょう。

このサービスの特徴はお店にデリバリーの負担がかからないこと。個人経営のレストランと提携ができることが最大のメリットですね。
人気 Picker
日本って飲食の規制が世界でも有数の緩さだからイノベーションが進んでる反面、サービス過剰でブラック労働の温床になってる。後者の対策は自動化と、高いインセンティブを与えること。
これから共働き世帯が増える想定で、外食一本からテイクアウト→デリバリー付加の企業も増えてます。
そうなると必須なのが製造の機械化。技術的には大分進んでおり、先日お伺いした地域一番のご支援先では営業利益率30%確保されてました。これは外食の中ではかなり高い数字です。
後は経営者の意思決定次第の部分も大きいです。
ビジネスモデル的には古くからサイゼリヤが完成させている。。。
飲食業界普通に良いですよ。
一般的には大手チェーン店の暗い話題しか見ない気がしてるかも知れませんが勢いもあって面白い会社沢山あります。
今は優秀な人が魅力を感じる様な労働環境を作る事が出来るかどうかがキモかと思います。
それと記事を真っ向から否定する様ですがアルバイトから含め長い間飲食業界の中で過ごしてきて、更にユーザーとして客観的に見て、どう考えても画一的な商品とサービスを大規模展開して成功し「続ける」事はあり得ないと思っています。
20年、30年と業績好調に経営していくにあたっては経営者のユーザー感覚が鈍らない事(ある程度成功してお金持つ事により自分が経営する店舗の価格帯のユーザー感覚が鈍って失速してる所多いと思う)と現場の責任者も中の人ではなく外の人であり続ける事。
それにより地域と時代が求める商品とサービスに日々寄り添う事が重要だと感じてます。
これを100店舗で出来ればトップランナーになれるんだけど…。
あと大手広告業者がボッタクリ〜プチボッタクリの店舗の掲載やめてくれればより良い。笑
原価率人件費率どちらも10%ちょいの店に広告費で勝てるはずないし。笑
NPユーザーの方達が選ぶ事はないでしょうが、事実かなり予約入ってるので企業の宴会でやられてる幹事さんは多いはず。
文句言っててもしょうがないし、そういう波に飲まれない経営して、優秀な人が現場に立ち続けてくれる環境を作って「創業者、お金持ち、一抜けた!」「投資、改善、一抜けた!」以上の会社に出来たらと奮闘中。
すかいらーくもスシローも、現場には汗をかいて日々創意工夫をこらしている人がたくさんいるので、そういった人たちにスポットライトを当てて欲しいなぁ・・・。そういった人たちが何を感じて、どう動いているかを知らずに、やれ自動化だ、やれデリバリーだなど批評することに違和感を感じます。
バイアウトファンドは、外食残業に大した知見があるわけではなくて、銀行と同じくらいだと思う。
何が彼らのエクスパティーズかだが、私は、
①常識的な経営を資本の力で遂行すること。
②再上場、転売に向いたストーリーでの経営を資本の力で遂行すること。
だと思う。
オーナー経営のようなブレイクスルーは、そもそも期待しづらいけど、いい会社にはなっていく。
ブレイクスルーだけでなく、こういう機能も大事なので、重要な存在。