小クラブの生き残る道。VVVフェンロのマッチングビジネス

2016/5/17
年間予算4億3000万円、平均観客数4300人──。  
本田圭佑、吉田麻也、大津祐樹の3選手がかつて所属したオランダ2部リーグ・VVVフェンロの現状である。
日本に置き換えると、年間収入4億2600万円(平成26年度)、平均観客数4733人(平成27年)を記録したJ3のAC長野パルセイロとほぼ同じ規模にあり、オランダ国内でも決して財政的に裕福なクラブとはいえない。
経費削減のため、ホームスタジアムの芝も2013年には人工芝へと切り替えられた(冬場のオランダ・ドイツでは、日照不足の影響も大きく、天然芝の管理費用は莫大。ボルシア・ドルトムントでは年間約1億円)。
シーコン・スタジアム=デ・クールのピッチ。
1時間圏内にビッグクラブ点在
さらに、自動車で1時間圏内にはエールディビジのPSV、ベルギーリーグのゲンク、ブンデスリーガのレバークーゼン、ケルン、そしてボルシア・ドルトムントが存在する。
もし、あなたがビッグクラブに囲まれた国境沿いのスモールクラブのマーケティング担当者であれば、一体何をどうするだろうか。
VVVフェンロがとった策は、自らが置かれている状況を強みに変えようとするものであった。
キーワードは「ノスタルジー」と「ネットワーキング」である。