新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドルトムントから車で1時間ほどで私達日本人に馴染み深いVVVフェンロというクラブにたどり着きます。ビッグクラブに囲まれたオランダ国境沿いの小クラブが生き残るために考えたスポンサーとの関係性構築方法、是非ご覧下さい。

追記:岡部さん、コメントありがとうございます!そう、藤田さんも現在フェンロでコーチされていましたね。現地で軽くご挨拶させて頂きました(きっとご本人は覚えていない程度)。

オランダリーグは規模もJと親和性が高く、実施している内容も即時に応用可能なものが多いと感じました。
先日ちょうど、元フェンロの本田選手に話を伺いにいったばかりなので、タイムリーな記事だが、ここは日本の地方クラブ的に見ても面白いケースだと思う。

オーナーは日本大好きだし、私のNP連載「スポーツビジネスに挑む日本人たち」でも取り上げた元日本代表・藤田俊哉さん(https://newspicks.com/news/1392040?ref=user_9147
もコーチをしているので、もっとJリーグとしても結びつきを強め、戦略的提携などを進めるべきだろう!
スポーツをハブにしたコミュニティのプラットフォームという視点ですね。

自分達が国境のクラブだという強みに着目した素晴らしいアイディアだと感じました。

サッカーが共通言語として機能しているのもこれを支える重要な要素ですね。
J3の長野パルセイロと同規模というVVVフェンロがどうやってクラブ運営しているか、ぜひJリーグ関係者に読んでほしい。頭を使えば、やり方はたくさんある。
広告効果を超えたスポンサーメリットをどのように可視化し、スポンサーに価値を認識してもらうかが重要との指摘は、まさにその通りだと共感できました。
スポンサーとクラブの関係のスタンダードが今後向かう方向性を示しているものだと思います。
この連載について
京都パーブルサンガ、福岡ソフトバンクホークスマーケティングなどでの勤務を経て、九州産業大学でスポーツマネジメントを専門とする福田拓哉准教授が世界、日本のスポーツ組織を活性化させるビジネスの取り組みについて深堀していく。