新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これ、大きいニュースだと思う。日本からはバニラエア(ANA子会社)が参加している。他にはスクート・タイガーエアはシンガポール航空系、ノックエアはタイ航空系(セブパシフィック航空とチェジュ航空はそれぞれの国の財閥子会社)。ANA・SQ・TGともにスターアライアンスなので、スターアライアンス系LCCを中心に集めたというところ(ここに加盟していないLCCでほかにスターアライアンス系あるかまではチェックしていないが)。

<追記>スターアライアンス系LCC、下記リンクのWikipediaの表で「非加盟子会社」のうち貨物系を除くと結構がLCCの印象。SQでも今回のアライアンスにシルクエアが入っていなかったりするのも興味深い。
http://bit.ly/1rOFhRW

ワンワールドだと、カンタス及びJALの子会社にジェットスターがいるが、大きいのはそれくらいだろうか。<追記終>
人気 Picker
これは航空業界に大きなインパクト。LCCは限定的な区間を飛ばすことでコストを抑えてきた分、地域ネットワークは弱い。その弱さをアライアンスでカバーし、利用者の利便性が高まれば、LCC乗継は劇的に増える。

実際私も各社のHPを立ち上げて時刻表と価格を見ながら乗換可能かチェックしたりもする。

ネットワークの経済が働く世界で且つバッティングも避けられそうだから、今後加入してくるLCCも増えそうな予感。
Katoさんの分析のとおり、スタアラ系の親会社で揃っています。おそらく、東南アジアの需要を取り込む上で、ジェットスターやエアアジアの規模に対抗できるだけのものを作るという意味合いが大きいでしょう。
中国や香港にも雨後の筍のように航空会社ができていますので、それらにも似たような動きが出てくる可能性は十分にあります。
うーん、LCCでアライアンスとか大丈夫なんだろうか?
頼もしい発想ですね。
このような発想力は是非参考にして行きたい。
ただし、安全第一を忘れずに。
価格競争は、悲劇を生みますよ。
おそらくLCCアライアンスは長続きせず、旅行業的なプラットフォーム事業の傘下のもとでの部品になってゆくでしょう。それができるのは百度、Google等限られるでしょうね。
スターアライアンス系のLCCが連携、とてもいい取り組みだと思う。LCCはバラバラだったけど、共同運行便になれば乗り継ぎや予約もしやすくなりそうで嬉しい!
このアライアンスに通じてLCCがメイジャー航空会社と同じようなサービスを提供できるようになったらメイジャー航空会社の状況がさらに悪くなるかもしれない。