新着Pick
420Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
iPhone SEを発表した辺りから下がってきてるのかな。
人気 Picker
大成功なんてするもんじゃないね。十分成功していても、ちょっと下がっただけで「自滅」とか書かれる。幸せの秘訣は「毎年続く小成功」だね。
Appleが時価総額においてGoogle(Alphabet)に抜かれるかもしれず、Microsoftにも迫られているという記事。記事では、GoogleがAlphabetを親会社とする新しい企業統治に踏み出しているのに比べて、Appleのそれは旧態依然としているとしているが、それが本質ではなく、AppleがiOSを中心とした事業への依存度が高いことが問題だろう。しかも、その位置づけが過去ほど強固なものでは無くなっている。私もiPhoneユーザーであるが、正直、iPhoneがAndroidに比べて圧倒的に使いやすいとも革新的とも思わない。

新しいビジネスの芽を早く育てるか、iOSの底入れをしないと厳しいだろうと思う。結局、Apple vs Microsoftで繰り返したのと同じく、クローズドシステムとオープンシステム(当時のMicrosoftは今で言うOSSでは無かったが、他のシステムに比べれば、サードパーティをエコシステムの核に据えるなど、オープン戦略であった)の戦いであり、Appleは再度負けるのかもしれない。
スティーブジョブズが居なくなったからやろね。グーグルはまだ強烈な創業者が経営を担っている
トップ云々はグラフが表す通り、また記事で指摘される通りAppleが急落したということなのでGoogleが「超えた」という感じではないが、スマホ時代を代表する2社がトップ2なのは、改めて考えさせられる。
同じくTop10に入っているAmazon、FB含め、上位のIT企業は圧倒的なグローバルの勝ち組で、世界のITインフラは米国企業が基本は抑えているし、今後の成長期待も含めて産業をけん引してるということ
よく「日本はなぜ大型ベンチャーが育たないのか」という議論があるが、こんなことを実現できているのは米国だけであって、それ以外のあらゆる国を主語にしても同じ。それが特殊だし同じ戦いはできないことを前提に差別化を考えていくことが必要なんでしょうね
直近年度の世界時価総額ランキング(百万米ドル)。岡田さんの指摘の通り既にランキングの半分はIT企業。ちなみに日本トップのトヨタは36位。
1 Alphabet Inc 497,636
2 Apple Inc 495,817
3 Microsoft Corp 401,513
4 Exxon Mobil Corporation 367,639
5 Berkshire Hathaway Inc 346,859
6 Facebook Inc 342,693
7 Amazon.com Inc 334,960
8 Johnson & Johnson 312,363
9 General Electric Co 272,559
10 Wells Fargo & Co 244,917
株価ですからこれは将来の成長期待値を織り込んだランキング。アップルもずっと前から、サービス事業への転身を頑張っていますが、なかなかうまくいかないようです。

岩谷ゆかりさんのHaunted Empireという本で一番印象的だったのは、「定期的にOSをアップグレードする」という開発と事業のサイクルに組織が最適化されていて、どうしてもそこから抜け出せない、というくだりでした。マイクロソフトはようやく抜け出し気味のようですが、さてアップルはどうでしょう?
過去2年間じわじわ時価総額を上げているGoogleと昨年2015年の6月頃をピークに急落のApple。今年の9月の発表会が楽しみです。
超えたというより、Appleが下がってgoogleと逆転した感じですね。
話題性や新規性には乏しいMicrosoftが、3位。逆に実力あるのだなと感心してしまった。
こういった新しいことにどんどん挑戦していくのは、見ていてすごく面白いですね。

時価総額がどうこうより、日本でも新しいものが生まれ、それを応援する雰囲気が広がってほしいと思います。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
104 兆円

業績