新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

23Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当に競争至上主義というかなんというか。

この構造はサステナブルなのかな?

怪我して早期引退した選手はどうなるんだろ?
高3投手の「休むタイミングがないので故障しやすい」というコメントに尽きる。故障したら、プロ入りも元も子もない。
ビジネスのキャリアパス同様、最終目的地は韓国のプロ選手じゃなくてメジャーリーグなんでしょうね。一度メジャーに行けば、KBOでコーチ業(監督業)も約束されたようなもんでしょう。
韓国のプロ野球選手の育成プロセスを見ていると、現役引退後のライフプランをどのように考えているのか不思議になります。(日本でも同じような傾向はあるのかも知れませんが。)
プロスポーツ選手の選手寿命は限られていることも踏まえた体制作りが必要だと改めて感じました。
この連載について
近年、代表チームが国際大会で好成績を収め、トップ選手が次々とメジャーリーグに移籍している韓国野球。その背景にあるのが、幼少の頃からのエリート育成システムだ。韓国社会の特徴や日本と照らし合わせながら、独特な韓国野球を描いていく。