新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
延期はほぼ織り込み済みのようです。これで見送られた追加金融施策とかが、サプライズで来れば別かもしれませんけど。
人気 Picker
5%から8%に消費税を上げた際、「一時的に消費は低迷するけど、半年ぐらいすると持ち直すだろう」と財務省は見ていたようですが、結果は御覧の通り。ずーっと景気は持ち上がらないままです。そこから読み取れるのは、少子高齢化の時代と相まって、間接税は日本人には受け入れがたい、という事実だと思います。

元々、欧米諸国(特に欧州)と比較すると、所得税や法人税といった直接税の負担が重かったので、それらの負担を軽減しましょう、ということで消費税が始まりましたが、いつの間にか「福祉のため」みたいな目的税化してしまい、当初の議論とは全く違う方向に進んでしまったという経緯があります。

先送りではなくて、凍結。むしろ、5%に下げた方が日本人の心情からして、出費が増え、トータルの税収は上がるように思います。
とりあえず、ほぼ予想通り。

消費低迷、株式市場の低迷、そして震災のダメ押し。いたしかたないね。

ただ市場は相当程度織り込んでいたので、これを契機に株式を買い進めるのは少し危険かな。

減税になれば大サプライズだけど、増税先送りだけではむしろ利食いの機会を与えるだけかも。むしろこれをしなかったら、マーケットは失望売りの嵐になるところだった。
長寿化に伴う高齢者向け社会保障費の増加を「自然増」だとして是認し続ける限り、日本は確実に財政破綻への路を加速させることになる。

消費増税(収入増)をしないのであれば、「自然増」する高齢者向け支出を抑制ではなく削減するしかない。

①「終末期医療と尊厳死」
②一定年齢以上の資産課税
③年金のバウチャー化
④医療・介護の総量規制

など、高齢者が嫌がる可能性の高いものを、選挙後にでも、本格的に表舞台で検討していく必要がある。

現世代による支持率ばかり気にしていたら、次世代の疲弊は回復せず、現世代を看取ることができなくなるかもしれない。

「親孝行な子」より、「子孝行な親」になる必要がある時代になっている。これは異常な事なのだ・・・。
消費マインドへの影響を考えると、一旦凍結のほうがいいと思いますが、財務省や公明党等との関係を勘案すると難しいことが推察されます。
「安倍晋三首相は13日、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げを再び延期する方針を固めた」とのこと。サミット終了後に表明される予定。
今の国内外の経済環境や熊本地震を考慮すると当然の結果だと思います。

2020年のプラマリーバランスの黒字化という国際公約を守るのが難しくなります。延期する時期をいつにするかでも変わってきますね。
増税延期と共に軽減税率導入も凍結されることを期待します。
増税が延期となるのは市場からすれば既定路線でしょう。焦点は再度時期を定めた「延期」なのか、時期を定めない「凍結」なのか。現状の消費の低迷を考慮すれば後者の「凍結」にすべきです。それどころか本来ならば消費減税にまで踏み込む必要があると思います。とくに2020年までにPB黒字化を達成することに本気なのであれば、税収弾性値を当たり前のように1.1前後に置いて計算しているようでは難しいでしょう。
この分野での日経のリークは信用できる。

サミットで各国から景気対策を求められたことを理由に消費増税を先延ばしというシナリオか。

その前に18日にQEが出る。2015年度がゼロ成長なら2年連続。消費増税は無理だ。ついでに軽減税率も飛ばした方がいい。アベノミクスの失敗は明確。
GDPの次の四半期統計の発表を受け、選挙の前に表明するのがシナリオか、と予想していましたが、サミット前に方向性が出ましたか。確かに、財政支出拡大で協調するため、という大義名分は立ちますね。
消費税を上げて財政の健全化を図れば、税金を取られた家計の消費は当然落ちこむ、政府もお金を使わない、ということで景気は冷えるでしょう。しかし、政府が増税分をそのまま景気対策に使うなら、お金を使おうとしない家計にお金を持たせておくより、全体として当面の景気は良くなるかもしれません。
前回は、5兆円集めて5兆円使いましたね。前回の増税後、伸び始めていた家計消費が落ち込んだのは事実ですが、日本経済が全体として本当に失速しているかといえば、そういうわけもありません。アベノミクスが描いたバラ色の成長の絵は確かに実現していませんが、極めて大雑把に言えば、異次元の金融緩和と公共事業のカンフル効果が一巡したら、1990年ころから続く日本の成長力の弱さが再び現れた、という程度の話です。これを理由に増税延期を決めて財政支出による景気拡大を図るなら、多分、次も増税の決断はできません。
日本の財政を健全な姿に戻すことは、若い人たちの将来のため、必要だろうと思います。しかし、今の日本の空気では、増税しても政府の支出が増えるだけで財政の健全化には繋がりません、きっと。日本が未だ残している増税余地を、将来に向けて減らすだけ。そのくらいなら、増税しない方が良いかもしれません。
おおかたの予想通りだと思いますが、これが株式市場の好材料になってくれるといいのですが・・・。
個人的には延期する方が得策に思うな。
軽減税率の導入とかも含め、社会が疲弊する感じがする。