新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
無料のロボアドバイザー。前からコメントしている(一番最初にコメントしたのは①の2014年11月の記事だと思う)が、ネット証券で起こったように価格ダンピングが起こる領域だろうし、来たという感じ。②にコメントしたが、儲けが出るまでにロボアドバイザー専業が拡大するのは、使ってもらうためのマーケコスト含めて結構難しいと思うし、そのなかで両立低下も始まってきた。
https://newspicks.com/news/721641?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1537266?ref=user_100438
一回コメントすると同じトピックは再掲ばかりになる。

https://newspicks.com/news/1496753?ref=user_527032

このサービスだけで手数料を取ってビジネスを成り立たせるのは難しい、というか無理です。
サービスとしては無料になって、リバランス時などの売買手数料で回収できれば、まだ可能性はあるが、それは、ビジネスとして成り立っていると言えるのか疑問。まるでアナリストのコストみたい。。。


【追記】
AIを活用するのであれば、このサービスではなく、運用のところだと思う。FMはAIには無理だというかもしれないが、碁だってAIが勝てるとはだれも思っていなかった。
こういうくだらないものには近づくな、としか言いようがない。
収益モデルとしては助言サービスは無料、ノーロードの投信も組み込まれるのであれば販売手数料もですが、基本的には信託報酬で収益を取るということですね。典型的な残高ビジネス。それにしても、AIによる助言で、400パターンの組み合わせということですが、運用途中に目標が変更になった場合のリバランスはどのように行えば良いのでしょうか。長期運用では重要なところですよね。
有料に舵切ると、金融コングロマリットについては、利益相反に配慮した、ロボアドバイザーでないとまずい。
利益相反をやらないAIになっているかなんて、どう監督、検査するのだろうか?内部告発しかないのかな。
出た。有料のロボアドバイザーのベンチャーは、この動きにどう立ち向かうのだろう。そして三菱UFJ信託からすれば、助言は無料で信託報酬で収益を上げるのだろうが、アドバイスを受けるだけ受けて、別の証券会社で手数料の安い類似商品を買われたらどうするのだろう。
ブランディング、マーケティング目的でのサービス提供なのかな、と思った。ちゃんと結果出せるのか期待。

"無料でこれほど細かく助言してくれるのは邦銀で初という。"

"「人工知能(AI)を駆使した最先端のサービスで当社のファンを増やしたい」と期待"
アメリカでも、ロボアドは無料。半年前、有償ロボアドの"お金のデザイン"に金融系VCが一切出資しなかったのは、三菱のこの作戦を知っていたからかもしれない。
三菱UFJ信託銀行株式会社(みつびしユーエフジェイしんたくぎんこう、英語: Mitsubishi UFJ Trust and Banking Corporation、略称:MUTB)は、2005年(平成17年)10月に設立された、日本の信託銀行。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の子会社で、信託業務では三井住友信託銀行に次ぎ国内第2位の規模である。 ウィキペディア

業績

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.85 兆円

業績