新着Pick
806Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コンサル営業のサポートツールにはなりそうですね
人気 Picker
人間のファンドマネージャーがインデックスに勝てないように、AIの方が正確な経営判断ができるかもしれません。

人間は、嫉妬等の感情が先に立ってしまうので会社の利益を純粋に追求した判断ができないものです。

そういう意味では、利害関係も感情もないAIの方が確かな判断ができるでしょう。
役員報酬もセーブできるので、素晴らしいことだと思いますが・・・(笑)
すぐに経営を任せるなんてことはありえないが、下記記事で日立が営業を2万人増やして、コンサルを強化するとあったが、コンサルの質を最低限保つためのツールとして活用するのは、意外と早く機能するのでは?

https://newspicks.com/news/1541128
数年以上前に、コンピューターが経営判断や司法判断をするといっていた。
よいサポーターにはなる。判断材料。
ただ、受験ノウハウを教えられる最近の塾通いの子供のよう。
我々は生き物であるがゆえに、5感を生かして、体験、しないと身につかない。
嫉妬や妬み、あるいは義侠心や連帯感といった、人間ならではの行動動機で動きが決まる“組織運営”においては、AIはあまり高いパフォーマンスを上げるのは難しいだろう。
例えば、義経のひよどり越えや、東芝の長年の不正経理は、AIの守備範囲の外だと思う。

定型的で、確率合理的な判断が有効なタスクは会社業務の中ではそれほど多くはないように感じる。

AIに依拠して、定型的かつ確率合理的な判断をベースにした仕事をしていると、それを逆手にとって逆張りする相手に勝てない気がする。
興味深いとは思うが、判断は責任をともなう意思決定で、アドバイス。中立・客観的なアドバイスが欲しいからコンサルの需要もある。では、それが聞き入れられるかというと、もちろん必ずしもそうでないだろう。
加えて、各社、価値観や文化が違う。記事にある「価値体系辞書」が、各社固有の文章をどれだけインプットして反映されるのかは分からないが、その量が多ければ自己相関が強くなって中立ではなくなっていくし、その量が少なければ杓子定規な判断で個社に適用可能な具体論が減ってそうな印象がするのは自分だけだろうか?
まさに「ここまできた!」というお話。経営判断もAIが行う時代に。ここまで来ると本当に人工知能が出来ないことを探す方が難しいですね。

「2~3年後の実用化を目指したい」とのこと。日本語対応も。本当に近い将来のお話ですね。ワクワクします(^o^)/✨
突拍子もない判断はできるんだろうかね
いいですね。情報の分析から仮説立案まで、当面は便利なツールになりそうです。コンサルもただ分析するだけじゃ価値はどんどん無くなっていきますね。
もうコンサルはいらなくなるかもしれない。
判断材料を的確に提供する出来の良い情報キュレイターにはなってくれると思います。
つまり、コンサルは職を奪われるでしょうね。

しかし、昔から、良きにつけ悪しきにつけ、経営者はコンサルの言った通りにしたためしがないw
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.45 兆円

業績