新着Pick

インスタでいま注目すべきは「マイクロインフルエンサー」:影響力が最大となる最適解

DIGIDAY[日本版]
人気がありすぎるのも、いいことばかりではない。 ソーシャルメディア上で、インフルエンサーのフォロワー数がある閾値に達すると、オーディエンスのエンゲージメントは意外にも減少しはじめることがわかった。インフルエンサー・マーケティング・プラットフォームのマーカリー(Markerly)が、200万人のソーシャルメディア上のインフルエンサーを対象として、実施した調査によると、スポンサーつきでないインス...
713Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
それはあるなぁ。費用も抑えられそうだし。
人気 Picker
これは興味深いデータ。
有名人より友人の写真の方がいいねを押すための閾値が低い印象はありますが、こうやってデータになると分かりやすいですね。
100万単位とかでフォロワーがいる有名人って、とりあえずそんなにファンじゃないけどフォローするみたいな人が増える印象があるので、いいね率が下がるのは納得。
まぁ、日本と米国だとフォロワーの桁数も違うから、データも違ってきそうですが。
とても勉強になり面白いです。私もFacebookに400名弱いるホントの「友達」の投稿で子どもの遊び場や買い物きめたりします
いたって普通の内容。ミスリードしてる。
フォロワー数に応じて「いいね!」する人の数は比例的に増えているように見えます。割合でみると率が下がるのはフォローのホップする分の密度が下がるので当然の事。フォロワー数が多いと広告塔としてギャラも高くなる事を示してROIが高くなるよね、という趣旨の記事ならまだ分かりますが、これだと何が言いたいのか分からない。ただの数字のお遊びですね。
本質は、”フォロワーの数”ではなく、いかに均質なユーザセグメントのフォロワーを囲い込んでいるいるかであり、単純な数の議論ではないはず。

マクロでみたら、数百万人のフォロワーをもつインフルエンサーは、フォロワーの均質性が薄まりがちだが、中には特定のユーザセグメントにぶっささり丸ごと抱えているインフルエンサーもいるはず。

マーケティング観点からすると、狙っているターゲットセグメントのユーザを、純度高く囲い込んでいるインフルエンサーのうち、なるべくリーチも多いひとを活用するのが、一番効率がよい。
限界効用逓減の法則ですね。

「外縁が広がれば内包が薄くなる」という表現もピッタリかもしれません。
NPもフォロワーが1〜10万人のピッカーさんをマイクロインフルエンサーとして活躍してもらうようにすれば、よりマネタイズできるようになるのではないだろうか?
例えば、マイクロインフルエンサーピッカーのコメントの1行下に、細長い広告を入れてみるとか…。煩わしいですかね。色々試してみればと思います。
面白いデータですね。

誰に何をどういう目的で伝えたいかによってどういう所からアピールするのかは広告宣伝や来店誘致にとって重要なポイントですね。

フォローワーの数が多すぎても効果が薄く、「フォロワー数が1万未満で日常的にソーシャルメディアを利用しているユーザーが「マイクロインフルエンサー」だ。彼らのフォロワーはたいていが友人や家族なので、投稿に対する信頼は高く、エンゲージメントも盛ん」とのこと。


リアルの人間関係も親密な人と顔見知り程度では、同じ事を話しても伝わり方が違いますね。また、尊敬している人からのアドバイスや紹介には心理的な壁が低くなりますね。
これは昨年くらいから言われていたことですね。

重要なのは数が多いではなく、「あなたは一体誰にフォローされていて、その人はあなたの発信する情報を必要としているの?」という単純な質問です。

広告と同じで、見る人の数を増やせばいいという理論はマーケティングではなく、単なるプロモーションです。
あまりにフォロワーが多すぎる有名人だと、自分が「いいね」したところで気づいてもらえないだろうという気持ちも作用するのでは?
適度な「距離感」というか、親しみやすさを感じられる間合いが、数値で言えばフォロワー1万〜10万ということになるのだろう。
要は、行動変容には”親近感””信頼”が大事ということでしょうか。
フォロワーたくさん抱えるより、濃密な関係を築けている30-40人とつながるマイクロインフルエンサーだそうです。
新着記事一覧
太陽に30分当てるだけで傷が消えるクルマができちゃうの?
ギズモード・ジャパン
3Picks

脱着可能なサブバッグ付きのバックパック「ツナグバッグ2in1 2.0」
ギズモード・ジャパン
2Picks

レインウェアブランド「KiU」が手がけたカジュアルなファン付きウェア。ファン不使用時は穴を隠せる
ギズモード・ジャパン
2Picks

スケルトンスマホ「Phone (1) 」説明会で知ったNothingの高すぎる透明性
ギズモード・ジャパン
3Picks

クーラーがソーラーで動いてる。EcoFlowパワーシステム搭載のキャンピングカーが夢の秘密基地だった
ギズモード・ジャパン
4Picks

拡張性が魅力。寿命が10年に伸びた大容量ポタ電「DELTA II」がEcoFlowから登場
ギズモード・ジャパン
2Picks

ふつうのスマホはうんざり!な人へ。Nothing Phone (1)を1週間使ってみた
ギズモード・ジャパン
3Picks

「食」を起点に社会問題を解決し、多様な価値を開花させたい:「SKS JAPAN2022」が目指す新たなフードエコシステム
WIRED.jp
3Picks

「築地 銀だこ」とblueoverのコラボスニーカー。トリコロールの色味がかなりいい感じ
ギズモード・ジャパン
2Picks

掃除やめてみない? お買い得なエコバックスの吸引・水拭き両用ロボット掃除機3選【楽天お買い物マラソン】
ギズモード・ジャパン
2Picks