新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

177Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
電子カルテのメリットが、業務効率化や情報共有化であることは目新しいことではないと思いますし、実際、地域のクリニックとの電子カルテ連携は既に始まっています。

本記事で大変興味深かったのは、経営分析について触れているところです。
病院生き残り競争が激化している現在、これまでのようなスーパードクター一人に頼った集患(と言います)では立ちいかず、かと言って次の「キラープロダクト」を見いだせていない点はとても鋭い視点だと感じました。

当院の診療情報分析室では、紹介元クリニックを紹介数で順序つけしそれをマッピングして、その経時変化を追っています。各診療科のプロモーション活動がより効率的に行えるようにカルテ情報を分析しています。一例ですが、電子カルテに付加する機能として経営分析は求められるものかなと思います。
編集担当の野村です。今回でヘルステック特集は完結です。ご愛読ありがとうございました。

産業医の大室先生の寄稿にもあったように「成長が約束されているものの、変化は遅い」ヘルスケア業界。ともすればじれったいように感じる議論も、人命というクリティカルなものを相手にしている以上、避けられないように思えます。

「規制産業×テクノロジー」という軸で取材を進めて、3つめの特集となりましたが、うまくいっている企業に共通しているのは「既存勢力側の論理を尊重し、『われわれは仲間だ』というスタンスで既存勢力に接すること」。最終的には破壊的なイノベーションを志向しているのかもしれませんが、業界秩序を守る姿勢を示さなければ土俵に上がる前に排除されてしまいます。ある意味、ベンチャー的な「何でもやっちゃえ」というノリは、規制産業に関しては不向きなのかもしれません。

今後も同分野の取材を続けていければと思います。末筆ながら、取材にご協力いただいた企業関係者、医療関係者の皆様、ご寄稿いただいた大室先生に深く感謝いたします。

そして明日から始まる、別の特集に合流したいと思います(笑)
15年前位に初めて大石さんにお会いしてお話した際には電子カルテってもっと急速に普及すると思っていました。この時間感覚が医療だなぁと思います。
大手の電子カルテはやたら高い見積もりを持ってくるし。
電子カルテって医者がよく使う絵が描きにくい。

そういう意味で、オラクルとコンサルにいた経歴があり、聖路加の経営企画にいらっしゃった鐘江さんはITも医療も「両方分かる人」で、安価な電子カルテを出したことは期待しています。
大石氏が言う、これまでの「病院の勝ちパターン」、いまだ郊外ではよく見かけます。CT、MRI、PET(陽電子放射断層撮影)といった最先端の機器をいち早く導入し、検査需要を取り込むというものだ。
とのことですが、ちょっとした病気でもすぐMRIにかけられて払いが1万円を超えるなど患者におおむね不評です。設備投資したから回収せねばという構図が透けてみえる投資はやめていただきたいものです。
大手病院では導入が進んできた電子カルテですが、中小病院やクリニックではまだまだ。このマーケットに対してクラウド型でフリーミアムモデルでビジネス作れないかと検討したことがあります。ビジネスとしては医者が常に見るということでなんらかの広告モデルにするか、顧客データ管理の視点からCRM機能を付けて、病院の収益源である検診/人間ドックのリピーターを増やすことでの課金ができないかということを考えていました
問題になるのは営業コストで、中小や診療所に手離れ良くじゃんじゃん売れるという絵を描くことができずその時はお蔵入りになりました。。
電子カルテはクラウド化が必要。個人導入すると価格が膨大になりサービス変更が困難になるから。あとサービス間の情報の受け渡しも容易になる。
「電子カルテを導入しても、診療点数は1点もつかない」ことが導入のネックになっている。ならば情報化に手厚い医者・病院を患者が選べるようにしたらいい。電子カルテを導入している医者・病院をネットで公開してください。あとはネット側で拡散して共有します。
大変不勉強なのですが、
電子カルテのプラットフォーマーが複数いるのは好ましいことと思いつつ、相互互換性は当然担保されているんですかね?
システムのソフト違ったら地域で情報共有できないんじゃ・・・?
データ処理の進化と、社会課題(高額医療費・ヘルスケアサービスの効率化)の解決必要性から、また注目されていると思います。

電子カルテの普及で、リモート受診も可能になり、待ち時間緩和・セカンドオピニオン・医療費負担削減(家計にやさしい)など、患者のベネフィットも生まれます。地域によってかかる病気や、世帯など把握できれば、医者の経営の効率化もはかれるでしょう。
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。