新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

88Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
家族の転勤に帯同し、一時的に病院を辞めざるをえなくなっても、引っ越した先で病院に勤められる仕組みは素晴らしいですよね。手に職がある強みをぜひ活かして欲しいです。
本当に優秀な医師のどの程度の割合の人がこうした人材会社を活用しているのでしょうか。
医者だけではなく、その周辺人材のニーズが多そうです。
遠隔治療であれば、医者からの問診はネットで受け、その後の手続きやケアだけ病院で行うことも可能になりそう。医者不在の病院が出てきても良いのだろうと思います。

医療関連の有資格者だけではなく、プログラマーやマーケッターなどのテック領域人材を医療施設に派遣できるようなモデルができたら面白そうです。

医療機関で求められる人材のスキルセットが変わってきている中で、適切な人をマッチングできる人材ビジネスのニーズは確実に増えてくる。
今後もこのマーケットには注目ですね!
メドピア社長のおっしゃるとおり、市場は成熟期、ただし国内は。で、エムスリーはアメリカをひたすら攻めていますね。
看護師の人材紹介の規模は凄いんじゃなかろうか。
なるほど。
医療人材ビジネスの経緯、勉強になります。
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。