新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

116Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「遺伝子のタイピング(識別)に差はないが〜その解釈は微妙に変化する」と本文にあるように、「自分の遺伝子配列を知ってもそれがどういう結果に結びつきやすいのかは実はまだまだこれからの分野です」とは、知り合いの臨床遺伝専門医の言葉です。

なぜ臨床遺伝専門医とこうした会話を交わしたかというと「急性大動脈解離」の発症には遺伝的要素が多いとも言われており、発症を防げないまでも事前に発症リスクを下げる努力はできないものかと考えているからです。

遺伝子配列がもたらす結果の解釈がまだまだであるのは、もちろんこの疾患に限った話ではありません。遺伝子は単に知るだけでは意味がなく、それがもたらすであろう将来の身体の変化に準備できることが大切だと考えます。その意味では、健康な人が「知る」ことのメリットは現時点ではほとんどないかな、というのが今の私見です…が、結果の解釈が進んだとき、遺伝子検査は福音になり得るとも思っています。

【追記】
企業と医師側との距離、それを埋めるものが大企業的安定感であることに、佐々木編集長、佐藤副編集長が指摘されていて、全く同意です。自分の気がつかなかった視点に気がつけるNewsPicksの良さをお世辞ではなく感じた記事でした。
ターゲットは「健康な人」。より健康にするのが目的というプレーヤー側。一方医師会は、営利企業が遺伝子を扱うセンシティブさを指摘するーー。データの取り扱いなどの課題もある。難しい事業であることは間違いない。
遺伝子配列を調べて、それを会社の持っている10万人のデータベースと照らし合わせて「ちょい糖尿病になりやすい傾向がある」とか聞いても、「はぁ」としか言えませんし、そもそも現時点での「予測の精度」が‥。

ただ天気予報も天気図を過去の膨大なデータベースと照らし合わせ予想する訳で、かつては「当たらないものの代名詞」だったものが、予報衛星ひまわりの誕生から39年経ちひまわり8号の現在は「結構当たるもの」になってますので、遺伝子検査も今後の発展に期待です。

因みにアンジェリーナジョリーが行った遺伝子検査は特定の遺伝子配列異常を見付けるためのもので、現在の3万円位でできる遺伝子検査とは別物で、これは30万位かかります。
遺伝子情報を知ることで寿命を伸ばせるならばありがたいと思う一方、この情報がハックされた時の悪用のされ方にも興味を持っています。

高級サプリを売りつけるという事例がありましたが、他にも、病気になりやすいから体質だから社員として採用しない、保険金を払いたくないから保険加入を勧めないなどなど、不正利用すれば儲かりそうなことが色々と出てきそうです。勿論、体質的にこういう仕事が向いているといったポジティブな活用方法もあるでしょう。

遺伝子情報を活用することが当たり前の時代となった時の、生活者の価値観やビジネスの変化を想像しておくことが、オポチュニティに繋がっていくと思っています。
最後のコメントが示唆深い。この領域は、ベンチャー的な挑戦心とともに、大企業的な安定感が不可欠ですね。
測定結果の評価については記事にあるとおりで、現時点では占い程度に見ておくのがいいんでしょうね。
ビジネスとして考えると、遺伝子なんて一度調べたらそれで終わりなので、ビジネスモデルをどう組むのか気になっていましたが、記事にあるとおり遺伝子情報を獲得することで詳細なデータを持ったモニターを獲得したと捉え、その後の研究や健康状態の追跡を行えるというのは一つなんでしょうね。ただ、それでも売り上げは限定的そう。結局、病院の儲け頭である検診に流し込んで、そこから紹介料を取る感じなんですかね。ビジネス面でのブレークスルーを期待します
名言か。「ヤンチャな企業が出てきては困る」
遺伝子検査は興味があるが、未成熟であったり、医師や専門家によるサポートが不完全と言われると少し腰がひけるな、というのがユーザーの感覚ではないか。だが、記事にあるように医療サイドによる完全規制が入ると、この分野の進歩が遅れるのは明らかだろう。むしろ、遺伝子検査の適用範囲の情報をユーザーにきちんと開示して積極的にモニタリングしてデータやノウハウを蓄積する方が生産的だろう、というのには同意だ。
Yahoo!の別所さんのような官公庁にまで名の知れた企業法務担当がヘルステックに出てきてガンガン語る事が今のフェーズには超重要ですね。別所さんは個人情報のビジネス利用でも大活躍でした。
ヘルステックのスタートアップのトップはジーンクエスト高橋さんのような研究者系と別所さんのような法務系のタッグが望ましいと思う。
特に医師会のような人たちを相手にしたら研究者系のスタートアップでは潰されてしまう恐れがあります。
個人向け遺伝子検査がパッケージ化され、手軽に利用はできるようになっているとのこと。Yahoo!ショッピングでキットが購入できる手軽さに驚きました!
次は、遺伝子検査の結果データを、誰に、どうやって共有できる仕組みをつくるかのフェーズ。
例えばガンの発症リスクが高いという解析結果が出た時に、誰に相談していいのかが不明確だと不安を煽るだけになってしまう。

専門的な医療機関であれば共有OKだったりするのかな?

自分だけで解析されたデータを解釈するのは危険であると同時に、共有したデータが流出した時のリスクも高い。

▼遺伝子検査キットを使ったゲノム解析の流れ
①解析キットを受け取る
②マイページでユーザー情報登録・調査回答
③唾液と同意書を返送
④解析結果を受け取る

④の次にくる共有をどうするかの仕組みができれば、遺伝子検査の価値は高まりそうです。
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。
エムスリー株式会社(英語: M3, Inc.)は、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com」のサービスを行っている企業である。ソニー株式会社の関係会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,797 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.98 兆円

業績