新着Pick
1084Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
沖縄がランクインしていないのは意外だ。
人気 Picker
自分も20年ほど前に地方に移住できないか調べてみたが、その時の移住は本当に「都会を捨てる」というイメージで、それまでの人間関係を含めて何もかも捨て去らなければならず、とても決断できるようなものではなかった。
それに対して、今の地方移住は東京や世界との精神的・物理的な距離感が格段に近い。以前、縁あって海士町のNPOの支援をしたことがあるが、NPOのメンバーは、地理的に見れば最果ての地に近い海士町からでも毎月東京に来ていたし、海外にも頻繁に出張していた。SNSの発達も大きく、メール以外にも、Skype、Facebookなどで簡単に連絡が取れる。海士町にいる彼らとの連絡に、手紙や電話などは全く使わなかった。
まして、今自分が定住している軽井沢であれば、新幹線で70分足らずで東京駅まで行けるので、超多忙な外資系の金融機関を含めて、通勤しているビジネスマンも多い。加えて、引退した団塊の世代が、東京の狭い住宅を処分して軽井沢に移住してくるので、軽井沢町の人口は年々増加している。土地の値段は東京の1/10〜1/100くらいだから、住める家の広さが格段に違うのである。
従って、本当は今の時代は、「地方移住」という言葉自体が相応しくないのだと思う。「東京以外に地方にも拠点を持つ」、或いはその逆で、「地方にいながら東京や世界とつながっている」ということなのだと思う。最早「あれかこれか」の時代ではないのである。
島根が、ランキング圏外から8位、3位と急上昇しています。島根といえば海士町が移住事例として有名ですが、それだけではありません。過疎という言葉の発祥は島根であり、記事にもある地域おこし協力隊のモデルを元々実施していて、UターンIターンを促進させる財団が1992年にできるなど、元々"移住先進地"でした。
 しかし地域おこし協力隊が急増するなど競合度が高まる中、相対的に地位が低下。そこで定住財団を中心にPRを強め、こうしたランキングの結果につなげています。
若者世代が、結婚して子どもをもうけるという際にそこで定住しても良いと思うかどうか、今後はその点に注目が集まるのではと考えます。

シングルの時はその地で良いと思っていても、家庭を持って子どもの教育を考えるとなった時に、都会における教育と地方のそれをどう考えるか。

島根県海士町の人気は、本土からフェリーで3時間かかる離島にあっても、質の良い学びが得られるという点が大きな要素になっています。
こういう記事で毎回思うのはこうやって地方に来る人数と、地方から出ていく人数比べろよ、ってこと。

比べれば地方に来る人数なんて雀の涙。

それが増えたところで全然効果がない。

地方から出ていく人をなんとかしようよ。

仕事が無い、教育が無い。
武雄に限ってみても、確かに20代、30代の移住が増えてきている。職業は農業だったり、洋服屋さんだったり、起業系が目立つ。
ウチは2000人くらいが東京で、1000人くらいが石川、北海道、九州などの地方組。今までは上京するスタッフが多かったが、これからは逆も増えそうだね。
地方で美味いものを食いながら、世界を相手に商売しよう〜!
住むところを選ばない働き方がもっと広がれば、住む場所の選択肢は増え、空き家問題や東京一極集中などの問題は解決しそうな予感。更に移動時間がより短縮し、運賃が安くなれば、人の動きは活発になると思います。そんな世の中になることをとても楽しみにしています。

三重県もおススメします。田舎を満喫したければ尾鷲や長島の様な紀州地区へ。海が好きなら伊勢志摩、お伊勢さんが好きなら伊勢や松阪、モータスポーツ好きなら鈴鹿、都会へのアクセスの良さなら桑名や四日市、関西へのアクセスの良さなら名張、伊賀上野。
ちなみに私の住む津市は適度に人がいて、三重の中でも真ん中より少し北に位置しているので、名古屋にも大阪にも出られます。セントレアには船で行けます。市町村合併をしたので、津市の中でも田舎を満喫出来るところもありますよ。
茨城もいいと思うけどね。海があるし、山があるし、湖があるし、都心に近くてしかも田舎だ。近代都市つくばや、歴史文化都市水戸がある。茨城ロボッツや鹿島アントラーズがあるしね。(茨城大使より)
三重県も昨年このセンターに移住相談ワンストップ窓口を設置。初めて20位にランクインしました。相談の約6割が、20~40代。海女になりたい、カレー屋やりたい、林業やりたい、漁業やりたい、などなど。先輩たちがおっしゃるほど、若者がチャレンジ精神がないなんて感じないほどです。三重県は彼らの気持ち、しっかり応援します。サミットで知名度あがるチャンスに、三重県のいろんなライフスタイルを発信したいと思います。
こういうのって、やはり地方出身の人が多いんでしょうね。自分は幼少期からずーっと神奈川なので、全く願望がないし、「東京はつかれる」という類の東京カレンダーで出てくるような記事も全く共感が出来ない
ただ、そういう願望を持っている人は実はいるのであれば、地方側が受け入れ体制整備を競争していくことで、行きやすい環境が整っていくことはとても良いと思いますし、インターネットが普及した中では昔よりは移住のハードルも下がってるのかもしれませんね