新着Pick
301Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の家電×インターネット系ベンチャーの楽視ですね。最近英語名をLeTVからLeEcoに変えたばかりです。考え方はシャオミにとても近く、中国ではかなり前からTVやパッドを作って販売したり、ストリーミングサービス(TV、PC、スマホ)でも大手です。最近端末の伸びもかなりいいです。

それと、みなさん勘違いしてますが、お金は中国政府ではなく、中国の資本市場から出てます。
PER100倍越えの中で資金調達をするので、もし不公平があるとすると、その中国資本市場が中国のプレイヤーの閉じられていることです。(これは何度か別の記事でもコメントしてますが)

また、彼らの最大の課題は正直R&Dではなく、アメリカのスタッフが現在の中国の人ほど安価でもなければそこまで無理して働くわけでもなく、そして慣れている組織構造も違うと言うことでしょう。
戦後の日本の企業戦士を知っている方はそれを思い出してもらうのがいいかもしれませんが、今の中国は優秀な若者がそんなに高くない給与で資本市場での成功を夢見て死ぬほど働いてます(SOなども日本に比べてかなり出る)。
おそらく内部マネジメントが課題だと思います。
こういうベンチャーから革新的な自動車の次のデバイスが生まれていくんだよね。部品メーカーも数十億台の新規のパーソナルモビリティデバイス用の部品供給求められたら喜んで提供するよね
荒唐無稽かイノベーションか、よく分からない。

少なくとも「車は4つのタイヤがあることを除けば、モバイル端末と同じだ。本質的にはスマートフォンやタブレットと同じ」と考えるのは一面的で過度の簡素化。車を交通システムの一要素ととらえるところは正しいが、車の動力系、車体などの高度で複雑な総合技術を知らなさすぎる。高層ビルもキャンプ用テントも本質的には同じだ、といっているのに過ぎない。

結局、完成された車両技術の上にIT技術を乗せただけの発想と言える。
LeECO(中国スマホメーカーのLeTVが元の会社名)は恐ろしいほどに伸びてきていますね。

もともと動画の配信事業をしていた同社。
→アプリだけでなく自社でスマホ出せば良いじゃん!
→スマホ発売
→新興メーカーなのに話題を掻っ攫う
→すぐさまポストXiaomiの一社になる
→我が社もっといろいろできるんじゃない?
→スマホ活かしてEV作ってみるか!(イマココ)

とんでもないぶっ飛んだスケール感です。
このフットワークの軽いチャレンジ精神は大いに評価したいところです。
そのタイヤを動かすためにどれほどの部品や機能が備わっているか、というのは省略しますが。「まだ何も作っていないのに、すでに社員が700人」というところに資本力を感じます。多くのメーカーから1度に人が集まると、開発の方向性を合わせるのも大変な気がしますね。
Rikiさんに同意。一方で、EVに関しては、「後発でない」という点がユニーク(液晶・太陽電池・半導体は、すでに世界で技術として普及していたところから無尽蔵の資金で取りに行った)。研究開発的側面をちゃんとマネージできるか、そこが気になる。
ファラデー。自動車業界か次々と人材を引抜き、1000億円をかけて巨大工場を設立。これは気になる。。
内燃機関エンジン技術が不要となる時代では、自動車完成品メーカーの最後の既得権は、安全性の担保。高速走行中にぶっこわけるクルマならいくらでも誰でも作れます。
ファラデー。
EV車は中国の視点から見れば、自動車産業に打って出る大チャンス。ファラデー以外にも多くのベンチャー企業が出てくるだろう。
謎が多いファラデー。こちらの記事も面白い。

「中国製の自動運転車が北京ショーに、黒幕はアップル!? - エコカー大戦争!」
https://newspicks.com/news/1537094