新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どんなに巧みな言い回しをしたところで、フィンテックベンチャーが銀行業界の敵であることは間違いない。

小売業におけるAmazonや、広告業におけるGoogleがそうであるように、新興勢力は明らかに既存勢力から利益を奪っていく。

ではどうして銀行はそんなことは百も承知で、敵の口車に乗ろうとするのか?といえば、いち銀行にとっては銀行業界の安泰より、自分の銀行の安泰が大事だから。生き延びるためには、同業者を出し抜いてでも、早めに味方になるしかないと考えるから。
銀行は今のところ社会インフラであり、金融のデパート。これに対してデパートの周辺、時には中でブティックを開いて街の魅力を高めるのがフィンテックベンチャーでしょう。ほとんどのことは銀行(デパート)でできるけど、小口送金みたいなことまで銀行(デパート)でやらなくても、安くていいとか、デパートではできないお仕立て直しだとか。銀行は当面プラットフォームの役割を果たし続けると思います。
見出しが悪い。文を読むと「破壊するだけではなく」というより「破壊するのではなく」のほうが適切だと思う。イメージ、MVNOに対してのキャリア土管化に近いと思う。
銀行は規制事業。それゆえ、簡単にリスクを取れない。一種別働隊的に動くベンチャーに接続をすることで、その実験をする形。
逆に、銀行が本気出せば出来る領域は結構ある。例えばネット金融はその最たる例で、オンライン化で出遅れたが、今となってはネット専業銀行はほとんど世界中でも見当たらない。本気出すために必要なことは、ベンチャーが一定成功と失敗を経て、規制ラインがどこか見極めること。そしたら買収含めてお金を投入することができる。特に、資本力勝負をしようと思えば、やはり銀行は巨大な存在。
個人的には、ロボアドバイザーはそうなっていくと思っている。システム投資・人件費投資が一定必要で、それは通常の資産運用業より初期コストがかかると思う。またtoCなのでマーケコストもかかる。競争も激しくなってきて運用報酬が下がっていくと考えると、0.5%くらいをベースで考えると、売上高10億稼ぐためには2000億円の残高が必要。ちなみに現在、さわかみ投信の運用残高が約2500億円。ETFだともっと大きいのは一杯あるが、ロボアドバイザーはコンセプト売る必要はあるし、儲けが出るまで拡大するのは、相当に難しいのではないかと、先日運用業界出身の友人と話している中で言われて、改めて思った。
毎度、毎度で恐縮ですが、以前から申し上げているように少なくとも日本においてフィンテックが銀行と無関係に発展することもなければ、銀行を破壊することもないでしょう。むしろ銀行がフィンテックにとってのプラットホームになることが、日本の金融行政的にも最も筋道がとおるのです。そして銀行間の競争はこれから、利用者から見てどこが最も利便性の高いプラットホームになるかで雌雄を決することになるだろうと思います。
私はもう銀行マンではないので、銀行を破壊してもらって別に構わないが笑、フィンテック関連の言説を見ていていつも思うのが、銀行を破壊したいのであれば、もっと銀行システムの強大さを冷静、緻密に分析すべきだと思う。それを破壊することが、一体誰の利益になるの?を含めて。
タイトルがミスリードしてしまっている感は否めないです。仮に銀行が規制業種でなければ、フィンテックを内製化してしまえば済む話で、そうなれば資本の差からしてフィンテックスタートアップに勝ち目はないでしょう。せいぜい買収してくださいと言えるかどうかくらいで。結局のところフィンテックスタートアップは銀行とうまくつき合っていく以外にないのが現状。補完することはできても代替にはなり得ないかと。
銀行が通信キャリアで、フィンテックがアプリやMVNOという関係だということですね。
だとすれば当面、銀行はそこそこ安泰で、フィンテックも激しい競争の中で大化けする可能性もある。
だけど、ホントにそういう関係かどうかがわからないところが面白くもあり、怖くもあり。
フィンテックが銀行や金融を破壊するとの意見があったりしますが、共存がいま最も取りうる道だと思います。

実際、全く新しいテクノロジーで金融サービスをひっくり返すというよりはちょっとしたアイディアやちょっとした既存のテクノロジーの応用で金融サービスをより良くするものがほとんどです。

ビットコインについても政府や銀行への信頼がない人達やビットコインの経済圏で生きていける人達ならビットコインを多用すれば良いし、技術より国や銀行に信頼を寄せているなら国の通貨や銀行振り込みを使えばよいですし。

現状から考えると少なくともビットコインは世界共通版のSuicaみたいなポジションにいくとは思います。

ブロックチェーンについては金融機関の既存システムを全て取り替えるのはむしろコストやリスクをはらむ可能性があるので、代替していくには時間がかかりそうです。

金融分野では、取引量の少ない分野から徐々に入れ替えたり、新しい銀行がはじめからブロックチェーンでシステム構築していくと思います。

非金融分野では、ある程度ブロックチェーン技術が確立したところで一気に企業内決済や資金管理で使用されそうな気がします!
その通りやな
銀行にしか出来ない事がありますから。
銀行もお互い競争ですし。
それよりもこの記事で重要な事は、人類によるスマホの発明以来、めんどくささからの逃避としての「極微な楽さ」こそが究極の主人 となったこと。
は?それだけでサービス乗り換える?というレベルの。
これであらゆるサービスデザインが根こそぎ変わってきてしまっている点。
デザインの本質がわかる、わからないで生死が分かれる時代。