新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
加州高速鉄道のルートは、19世紀に鉄道王レランド・スタンフォードが、大陸横断鉄道から分岐して州を縦断する鉄道をつくり、その後の加州物流の幹線となったところを使う部分が多く、内陸のカリフォルニア穀倉地帯を形成していて意外に中都市がたくさんつながっています。(今でも一応鉄道の線路があります。)

そこはいいのですが、サンフランシスコとロサンゼルスの周辺には郊外都市が多くて、環境問題や「予算があるなら新幹線じゃなくて市内交通網にもっと使え」といった反対運動が多く、また地形も複雑でコスト高であるため、なんだか本当にできるのか今だに信じられません。調べてみると、高速鉄道計画のための役所ができたのはなんと1996年だそうで、果たして私が生きている間に、ロサンゼルスまで新幹線で旅するという夢がかなえられるのやら・・

私が歩けないばーちゃんになってから新幹線ができたら、車いすを押して乗せてくれ、と子どもたちにはかねてから伝えてあります。

これができたら、地価の安い内陸部からサンノゼに通勤することも可能になって、平地の少ないサンフランシスコ・サンノゼ周辺の激烈地価が少しは緩和されるのでは・・と期待しているのですが。
最近の傾向では中国中車が強い印象ですが、ぜひ日本連合には頑張ってほしい。クオリティでは一番なはず。
開業以来人身事故ゼロの新幹線の実績を信頼してもらいたいです。
トータルでの受注を期待しています。
以前も書いたが、カリフォルニアに鉄道が出来れば格段に経済効果が上がる。
数年で、世界の観光都市の上位に名を連ねるでしょう。
ここに日本の高速鉄道が入るとなれば更に世界にアピール出来ます。日本も協力してトップセールスをするべき。絶対受注です。マストです。
車両と運行システムを別々にするとかえって非効率だと思うが、そうしなければならない規制なり法律なりがあるのだろう。結果として日本連合に落札すればそれは加州のメリットになるはずだけどね。
サンフランシスコとロサンゼルス郊外を結ぶ高速鉄道。これは期待したい。
日本の強みはクオリティ、日本の弱みはコストと時間がかかりすぎ…ちょうどいいバランスの提案はできないものかなぁ!と思ってしまう。普通は車両は儲けが少なく出して、インフラでがっつり稼ぐのだろうけど。
いいね。安全性を売りにしっかり受注を勝ち取ってほしい。
世界のインフラ(機械的なもの)になりつつある日本企業連合