新着Pick
233Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
臨床医として非常に答えにくいテーマですが逃げずにコメントしたいと思います。

臨床医の知識、経験、それらを超越する(と思っている)勘のすべてにおいて人工知能診断はいとも簡単にそれらを凌駕すると思います。

診断のみならず外科治療においても、人工知能とロボット技術の融合はいずれ外科医を超えるとすら思います。

臨床の場において人工知能が簡単には追いつけないと思うのは、「出来うる医療を敢えて行わない判断をするとき」や「意図的に100点を狙いに行かないとき」です。

これらは不安定で、患者さんや家族の思いとそれを受け止める主治医の思いとで答えが揺れ動きます。

最適解が定まらないこの部分を人工知能が超えるとき、人の心を超えるときなのかも知れません。本気でそんな未来を想像してしまいます。

観念的なコメントで失礼致しました。
現状の水準の医師の診断はいとも簡単にAIは乗り越え、これまで医師が見つけられなかった疾病を見つけたり、治療方法を見つけることすら割と近い将来に出来ると思う。はよやってほしい。当直医の専門外の診断とかネットで検索した素人より酷いからね。それでも医師の処方箋が無いと買えない薬とかあって困る
『診断』であればAlがすぐに追い抜くことでしょう。ただ『判断』は最終的には人間が行うので、将来的には医師は、AIが下した診断と治療プランA案、B案を前に、『教科書的にはA案が最もおすすめってことになるんですが・・』と言いながら最後の判断を手助けするカウンセラーのような仕事になっていくのかなと思います。

現在のように『知らない人に、知ってる人が教える』という形はまあ流行らなくなりそうです。また現在の形は医師の多くを占める『せっかちな方』に適性が高いですが、カウンセラー型になると『せっかちな医師』は適性に劣ると言われる可能性もありますね。
難しく考えずに、疲れないで考えることのできる、一緒に考えてくれるヒトが増えた、くらいの気持ちでいればいいのだろうと思います。ただし、人とのインタフェースの部分は、気持ち的にどうしても人間である必要があると思います。そこを素人が肩代わりできるかと言えばそんなことはなくて、医師が不要になることはないでしょうね
既にIBMのワトソンによる診断の正答率は、人間の医師を上回ってるという結果も出てる。でも、記事中にもあるうつ病や総合失調症など、まだデジタル化できないアナログ的疾患があるのも事実。個人的にはディープラーニングを用いた画像診断で、人間が判断するのは難しくて時間がかかるガンの悪性腫瘍などを的確に発見できるシステムに注目してます。
医者の役割として、病気を見つけ治すことと、患者と向き合い精神も含めてケアすることの二つがありますね。NHKプロフェッショナルに出るような名医さんはみな後者を非常に重視しているように思います
病気を見つけ、治すことについては基本的にはデジタルな判断と、正確な施術なのでロボットとAIにとって変わられるんでしょう。もちろん機械でわからない微妙な違和感を見つけたり、機械より精度高い施術ができる名医は残るのでしょうが、経験の浅い医者が経験を積む場が減っていくと、育つ機会も減っていくんでしょうね
一方でバーチャルでトレーニング出来る機械も発達するんでしょうが
結果として、上記については病院としては機械を買うだけの資本力が必要で、その上で医者には機械語を習得し機械を正確に使いこなすことが求められ、患者と向き合うというサービス業的な部分がより重要になっていくんでしょうね
医師の誤診確率は20 %程度とされており(journal of the american medical association 2005)、医療診断は、学習した情報に照らし合わせて結果を出力する判別問題であり、人間が苦手で、機械が得意とする作業の一つです。

通常医師によって行われる臨床診断をコンピュータが代替するシステム(臨床診断システム)分野では、既に米国ではイザベル(Isabel Healthcare Inc., USA)と呼ばれるアプリケーションが臨床診断”支援”システムとして、医師が診断を下す為の支援に用いられています。

鑑別診断のために必要な検査が事前問診時にある程度判断できたなら、患者は最初から検査を行うために医療機関を訪れる事ができるようになるでしょう。インターネットサービスとの相性は極めて良く、弊社の医療用演算システムmogulではこのあたりから実現できたらと思って進めています。(全然まだまだですが)

mogulの一部は、症状チェッカーとしてウェブで試すことができます:https://www.medley.life/symptoms
興味深い記事、と思っていたら私も協力させて頂いたものでした。。

医師という職業の存在は患者のためにあるのですから、患者のためになるのであれば福音であり、ならないのであれば悪夢ですね。自分の職業を守るために、と感じられる動きも一時的にはあるかもしれないですが、医師の役割が変わっていく中での過程と捉えるべきかと思います。

医師は医師以外の方々が思っている以上に純粋です!と強調したいです。
医師不足に悩む日本では、AIをうまく取り入れられれば、大半の国民(実力不足の医師除く)にとってAI診療は福音になるはず。石見氏が言うように、「エビデンスの蓄積」が急がれますね。
人工知能・機械学習のメリットは、人の思い込みや先入観に依存しない判断ができること。
医療分野では、1つの思い込みによる見逃し、判断ミスが命に関わってくる。

>候補となる疾患が表示されることで、重篤な病気の見落としを防止できるのが一番のメリットだ。たとえば患者が頭痛を訴える場合、通常は単なる片頭痛のことが多いが、まれにくも膜下出血や脳梗塞といった重病を引き起こしている可能性がある。
この連載について
「フィンテック」「ヘルステック」「エドテック」など、今、テクノロジーの力を使って規制産業を変え、新たなビジネスチャンスを生み出す動きが活発化している。各業界の規制が既得権をもたらし、それゆえ国際競争に遅れをとっているとも言われるなか、果たしてテクノロジーは業界の未来を変えるのか。新興プレーヤーやそれを迎え撃つエスタブリッシュ企業、規制に精通する学識者への取材を通じて、規制産業の行く先を考える。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
12.9 兆円

業績