新着Pick
730Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これはついに本人なのかな?
人気 Picker
放っておいて欲しいという気持ちは、痛いほど良く分かる。DMMもいろんな憶測で社員がイジメられなければ、オレは引きこもり経営者として人生を全うできたかもしれない。
結果として社会人デビューしたことで、オレも世界が広がって良かったんだけど、今度は調子にのり過ぎて、言いたいこと言い過ぎて、社員がイジメられないように注意しなきゃだね。
彼がカミングアウトしたことが原因か、対リアル通貨のビットコインレートは続落中。
ほう。「金も名声もいらない。称賛もいらない。ただ放っておいてもらいたいだけだ」か。かっこいいですね。
ついにナカモト・サトシの正体が分かった。これまで数学者の望月新一さんとか色々な説があったけど、今度こそ正しそう。
仮想通貨のブロックチェーンが持つ重要な意味は、この記事だけからは分からないと思うので、補足して一言。
ビットコインの基盤技術であるブロックチェーン・テクノロジーは、分散型コンピューターネットワークで、中央集権な存在を必要とせず、世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、容易に壊すことができないネットワークを作る技術である。ビットコインでは、このブロックチェーンで管理されている数字を、通貨として利用している。
ブロックチェーンとは、多数の結節点(ノード)に同一の記録を同期させる仕組みとなっている分散型ネットワークのことで、ノード間の記録に齟齬が生じた場合には、一定のルールに基づく多数決によって正統な記録を決定することで記録の同期を確保していく。既存の記録(ブロック)に新しい記録を追加する際に、次々とチェーン状に追加していくことから、ブロックチェーンと呼ばれている。ブロックチェーンによって、全ての業界において仲介役を取り除くことができ、第三者機関に頼らずに機能する世界が構築できることになる。
このブロックチェーン技術については、シリアルアントレプレナーで医師でもある齊藤元章の『エクサススケールの衝撃』に詳しく書かれている。齊藤は、このビットコインが単なる既存の通貨の代替としてだけでなく、その仕組みを活用して、通貨を媒体としない取り決め、約束、保証、誓約など人類の全取引を記録して透明化してしまおうという「イーセリウム・プロジェクト(Ethereum Project)」に活用できるとして、その社会的インパクトの大きさを強調している。
これまで、通貨発行権は国家やEUのような国家連合が独占してきた。また、通貨の決済も銀行やVISAやPayPalなどの金融機関や仲介者が独占してきたが、ブロックチェーン・テクノロジーを使えば、一部の権力者にコントロールされることなく、世界中の人と自由に資金のやり取りをすることが可能になる。仮想通貨のブロックチェーンは、システムのコアが世界中に分散されており、インターネットの活動を国家が排除できないのと同様に、もはや国家の力では止めることはできない。
これまで国家権力と表裏一体として生まれ、国家とともに成長してきたマネーだが、もはやその国家をも超越する存在になりつつあるのである。
サトシ・ナカモトの正体を追ったNYタイムズの記事の読みは、見事に外れでした。https://newspicks.com/news/993086/
とても共感できますね。でも、なんで「サトシ・ナカモト」を名乗ったんでしょうね。↓

「でっちあげのでたらめもたくさん飛び交っていて、自分にとって大切な人たちがそれで傷つくのはいやだ。大事な人たちがこのことで打撃をうけるようなことは、あってはならない」と述べ、名乗り出たのは「自分が望んでのことではない。自分で選んだことではないし、何かの公の顔にもなりたくない」と話した。
「できれば公表したくなかった。自分は仕事がしたい。今までやってきたことを続けたい。金も名声もいらない。称賛もいらない。ただ放っておいてもらいたいだけだ」
これまで英国に住んでいる個人、あるいは仲間たちと言われていましたよね。サトシ・ナカモト氏は、、、。

(追記)
とはいえ、まだ、確定とは言えないのかな。
これまで幾度か誤報もあったので、本人から名乗り出たとなると尚更本当なのかどうか疑いの目で見てしまうところはあります。ただ、金も名声も称賛もいらず、放っておいてほしい、との言葉が信ぴょう性を高くしていることだけはたしかですね。
なぜ日本人の偽名を使ったのかが気になりますね。