NPバナー.004-5

日本サッカーに足りないもの(第5回)

【最終回】日本サッカーの限界を壊せ

2016/4/30

もったいぶる必要はなかったかもしれない。コメント欄で多くの方たちがあげていたように、日本サッカーの破壊と創造を一気にできるのは、現時点では本田圭佑しか思いつかない。

なぜなら衝突をまったく恐れていないからだ。

2011年12月、Numberの取材で「コミュニケーション論」というテーマで直撃したとき、本田圭佑はこう語った。