新着Pick
698Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
彼は現役継続しながら色々な活動をエネルギッシュに実際に行っている。だからこそ言葉にも重みがある。
しびれるメッセージの数々。ひとりひとりが限界を超えれば、きっと組織も国も限界を超えられるはず。本田選手のこちらの記事も最高です。https://newspicks.com/news/699083/
僕も衝突ではなくて、本音の議論を始めただけのつもりで、相手に困られることがある。
本田圭佑の語る「衝突」の真意をどう捉えるか。個人的には、日本人の現状の気質を考えると、言葉の選択、態度も計算した上で、衝突していく必要があるかな。なぜなら衝突してでも、相手に伝えたいことが自分にあるはずだから。そう考えて、今後は衝突していこう。
確かに本田圭佑はサッカー界を変える稀有な人材だと思います。

でも結局本田に頼るしかないというのは、ジャーナリストやスポーツビジネス、スポーツマネジメントに携わってる人として失格ではないでしょうか?
自分の限界は自分が決めてしまっているもので、それは取り外すことができる。
本田選手がこの言葉を発すると、相当説得力がありますね。
毎日のように会うようになり、彼の本質がよくわかってきました。わかったと思ったらまた次の日には進化してます。あらゆる意味で今考えられるベストなことをベストな時期にベストなやり方でやっていると思います。私が考え得るあらゆる意味で全てつじつまが合います。自分自身の役割も能力も期待もわかってます。そういう人は本当に珍しい。わかってないのはむしろこちら。本当にこれからが楽しみです。
サッカー、見ないな―。
激しく共感。

「人というのは無意識に自分の限界を決めているんですよ。でも、それって自分が決めただけで、もっと大きな可能性がある。僕はその限界を自分で取っ払うことで、ここまで来た。何度も何度もやってきたから、人に対してもそれぞれが思い込んでいるリミッターを外させるのも得意なんです。自分の最大の強みはマネジメント力にある。引退後はこの能力をフルに生かせるんじゃないかと、わくわくしていますね」