NPバナー.004-4

日本サッカーに足りないもの(第4回)

権威ある人間が、自ら権威を破壊。ドイツサッカー覚醒の理由

2016/4/29

今、サッカー界で最もイノベーティブな取り組みをしている国は、間違いなくドイツだ。

ドイツサッカー協会は学校・クラブ・地元サッカー協会の三者の連携を重視しており、それがうまくいっているところを「エリートシューレ」(エリート学校)として認定して資金援助している。

たとえばシャルケのホームスタジアムのすぐ横にある「ゲザムトシューレ・ベルガー・フェルト」は世界最強の育成校だ。ドイツが2014年ブラジルW杯で優勝したとき、そのメンバーに同校の卒業生が4人も名を連ねていた(ノイアー、ヘベデス、エジル、ドラクスラー)。

同校のプロサッカー選手を目指す生徒は、週に3回、午前中の授業が2コマ免除され、その時間にサッカーの練習をすることができる。教えるのはシャルケの指導者たちだ。

最大の特徴は「育成コーディネーター」が学校に常駐していること。選手が練習と勉強を両立できるように、彼らが時間割を調整し、補習の手配もする。

そして放課後は、すぐ横のシャルケのアカデミーで本格的なトレーニングに励む。学校の教育力とプロの指導力が見事に融合している。

技術専門コーチの活用

ドイツサッカー協会は、データへの取り組みでも世界の最先端を走っている。

ソフトウェア企業のSAPと共同で試合分析システム「マッチインサイト」を開発し、選手がビデオゲーム感覚でデータを扱える環境をつくった。スクリーンをタップすれば、好きな情報にアクセスできる。

また、国産主義のプライドに縛られず、国外の人材も活用している。

ドイツ代表のスカウト責任者はスイス人のジーゲンタラーで、彼が監督に戦い方をアドバイスして007の役割を担っている。

昨年まではオランダ人のルーカセンがテクニックトレーナーを務め、アンダー年代からA代表まで、全カテゴリの代表選手に技術を個人指導していた。

ドイツの美徳2.0

移民系の子どもたちにもエリート育成の扉を開き、トルコ系のエジルやガーナ系のボアテンなど、いろいろなルーツを持つ選手が飛躍した。

ドイツは国としてアジアからの難民も受け入れており、現在のドイツU-21代表には、シリア出身のダフードとアフガニスタン2世のアミリがいる。

昨年、「deutschen Tugenden 2.0」(ドイツの美徳2.0)という、ドイツの伝統的な勝負強さ(ゲルマン魂)を現代サッカー向けに昇華するプロジェクトも始まった。とにかく彼らはコンセプトを大事にしている。

アメリカから来た改革者

ただし、今でこそ最先端を走っているが、約12年前は時代遅れの国だった。

ドイツは2004年のEURO(欧州選手権)で1勝もできず、グループリーグで敗退。フィジカル頼みのサッカーでは勝てず、戦術の進化に完全に取り残されてしまった。

そんなどん底のチームを救ったのが、ドイツ代表監督に抜てきされたユルゲン・クリンスマンである。