新着Pick
130Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常に残念なお知らせ。だが、早い段階でこういう決断にふみきった JAXAには一定の評価をしたい。関係者の皆様にはじくじたる思いはあるでしょうが、お疲れさまでした、といいたい。税金を310億円使用しての運用失敗は責任を問われるのはその通りだろう。きちんと受け止めなければならない。だが、宇宙科学、宇宙技術開発、宇宙産業には失敗がつきものです。これにめげず、原因究明と改善でもって次の機会に備えて欲しいと心から思います。

>以下、「ひとみ」に関するNPの関連記事にてコメントしています。ご参考まで。
⒈「X線天文衛星「ひとみ」に何が起きたのか 異常な高速回転で損傷? JAXAの発表を分かりやすく解説」
https://newspicks.com/news/1521288?ref=search&keyword=ひとみ&tab=news
⒉「銀河のダークマターを「ひとみ」の肝要さが解き明かす」
https://newspicks.com/news/1434611?ref=search&keyword=ブラックホール&tab=news
確かに最近衛星のトラブル多い印象。はやぶさだってボロボロだったわけだしね
追記:商用衛星の場合、非常にリスクの高い打上時の保険に加え、軌道上での衛星の不具合などに備えて通常は保険をかける。JAXAは保険をかけてないのだろうか?
リスクが高すぎて、そもそも保険会社が受けてくれないというケースはあり得るか…


原文:
非常に残念。
早崎さんがコメントで触れている記事にもあるが、衛星本体の体調を管理する部分にかなり深刻なダメージを受けていたので、仕方がない。
ただ、太陽電池パネルの復旧による地上制御の奇跡を願っていたので、太陽電池パネルの衛星本体からの分離により、最後の望みも絶たれてしまったのは、やはり残念…
残念ですね。
ひとみから来るデータで何がわかるのかと、わくわくしていました。
また、頑張ってね。
Fault Treeベースで設計された宇宙機の典型的な設計ミス。FTAはハードには通用しても、ソフト中心のシステムには対応しきれない。

今後の宇宙機の安全設計には僕が開発に携わったSTPAも導入すべき、と強く宣伝しておきます。
http://arc.aiaa.org/doi/abs/10.2514/1.A32449

手前味噌ですが、HTVに関して素人同然だった僕がたった一人で、JAXA/NASAが作成した報告書を超える仕事をしたくらい、パワフルな手法です。

あと、追及すべきは運用上の人為的ミスではなく、これは間違いなく「本来は人間に誤りがあった場合でも、どこかの過程で警告や修正が行われるべきで、そうしたシステムになっていなかった」設計ミスです。
残り少ない命があるうちに、宇宙の果てがどうなっているか幻想程度にでも知りたかったのに・・・残念です。失敗例が一杯上がってなんとなく自虐的な記事だけど、過去は過去として反省し、冷静に原因を突き詰めて、頑張れJAXA
残念です。JAXAへの圧力も強くなってきそう。
そもそも運用が成功する確率はどのぐらいあったのか。
JAXAの開発体制に問題があることを指摘した記事。「はやぶさ」のときにもてはやしたけれど、実際はぼろぼろだったのね。
開発体制のどこに問題があるのか、踏み込んだ記事を読みたい。
衛星打ち上げて壊しますというと予算つかないでしょうが結果的に壊れてしまいましたなら壊れゆく過程の貴重なデータが得られてそれはそれでいいんではないでしょうか?コスパだけ考えたら他国の衛星を時間枠で買ってくればいいわけですし。