新着Pick

金融庁、フィンテックで有識者会議を設置 ベンチャー企業育成

Reuters
[東京 27日 ロイター] - 金融庁は27日、金融ビジネスとITを融合した「フィンテック」の分野でベンチャー企業の登場と育成を促すため、新たな有識者会議を立ち上げると発表した。欧米諸外国に後れをとっているとの問題意識のもと、世界展開を目指す新興企業が出てきやすい環境づくりなどをテーマに議論する。提言をまとめ、必要に応じて金融審議会(首相の諮問機関)で関連法の改正を検討する。
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
有識者会議やらずとも普通に有望なベンチャー出てきてるよー。
NP一金融の大物感溢れるOK 1さんを未フォローの方はこちらから:
https://newspicks.com/user/1207048/
金融庁が産業支援の会議とは新鮮。しかもIT系で。打ち出す政策に期待します。
OK 1さんのコメントが参考になる。
自分もイギリス時代にふと噂で聞いたことがある。この領域での世界最先端と日本の今の差分は、びっくりするほどあるのだろうなぁと、想像。
どうなんでしょうね、この面子。
金融庁がフィンテック系スタートアップへの直接投資を検討しているなんて噂まで耳にしますが、なんとも熱が入っていますね。
こうした有識者会議を含め、複数の経路でFintechの動向を把握していこうとする今の金融庁は、いいと思います。経産省との調整は必要かな。
金融庁は最強官庁。
有識者会議は、福田慎一・東京大学大学院経済学研究科教授
米ユニオン・バンク元頭取 田中正明氏
米国在住の伊藤穣一・マサチューセッツ工科大学(MIT)メディア・ラボ所長
金子恭規スカイライン・ベンチャーズ社代表
それでも、この有識者会議はとてもよい方なのではないでしょうか。
法制審議会や金融審議会は、もっと重鎮が出てきますよ。これらのメンバーは、大学教授や業界トップ企業の代表、消費者団体の代表、経済団体の代表。
実務経験ゼロの大学教授や経済団体の代表がわかるわけがないのは当たり前。もちろん頭はよいので、聞いた話を理解はできますが。
金融業界から出てくる委員も、金融機関の企画担当常務などが出てくるのですが、そういう人は実務経験なく、政治周り役所周りをしている人。だから、非常に頭はいい人なんだけど、一次情報に接しなくなってから、結構年数がたっている人のケース多い。
こういう人たちの議論は、実際にやっていないのだから、伝聞情報、再伝聞情報、三次情報・・・という、「キュレーション」された情報がベース。したがって、(経済ニュースにおける)新聞の社説の最大公約数みたいな結論になりがち。
しかし、法改正は、国会で行うわけで、国会議員は、選ばれた「選良」ではあるけれども、偉大な素人。その人たちの多数決で法律はできる。それなので、最大公約数になることは必ずしも悪いことではない。
法改正でエッジの利いたことをするのは、そもそも無理。