新着Pick
460Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダイソンが美容家電に参入!
ライバルはグローバルだとPhilips、日本だとPanasonicでしょうか。
ドライヤーという事で共通するのはエアフローの技術ですね。どのような風の質なのか非常にきになります。

それにしてもドライヤーで4万5千円は高い(^_^;)
面白いんですが、羽根がないことのメリットがいまいち見えないですね。扇風機の時は、PCディスプレイの真ん前に置いてますみたいなのをTwitterかなんかで見て、なるほどと思った記憶があります。羽根がないからディスプレイを邪魔しないんだなぁと。例えば、熱風で固める造型剤なんかに利用するときに、該当部位を目視しやすくなる、みたいなのないですかね。
いずれにしても、ドライヤーとしては高すぎるのでは…
昨日ダイソンのドライヤー発表会に行ってきました。このドライヤー、実際使ってみました。圧倒的に軽いです。私は黒髪のロングなのですが、ほぼ三分の一の時間で乾きました。質感もナノイー以上につやつや。これは客観的にみても本当に驚くレベルです。
あと、音が静か。これならドライヤーしながらおしゃべりもできる。
最初はなんでダイソンが??と思いましたが、これは革命的です。
ただ、やはり高い。45000円ですか最初はプロユースだと思います。
女性目線でいうと、形が打ち出の小槌みたいだし、まだ武骨なところがあって、
やはりダイソンはガジェット男子が好きなブランドだなーと思うのですが、
ピンクの配色とかはなかなか可愛いです。
あと、さすが!と思うのはケース。エルメス風のレザーのケースは、この中にドライヤーが入っているとは思えない。
ダイソン氏本人が来日しておりましたが、この世界発信の発表会の会場に東京を選んだところも、かなり戦略的です。つまり彼らが狙うのはアジア。髪に執念があるビューティー大国のアジア商圏を睨んでの美容分野への参入だったのでしょう。
会場には美容界の大御所勢揃い。

高価格帯、高性能。家電不況の中、この戦略はありだと思います。

追記:高いのは高いですね。
初めてダイソンの掃除機を買ったとき、確か10万くらいだったと思います。そこから、改良を重ねて価格は下がりました。でも、コモディティー対応ではありません。
今回はプロのヘアスタイリストがまず使い出すでしょう。特にヘアサロンは差別化に使える。
あと、狙いはアジア富裕層。
ブランディングとして、東京で世界ローンチをしたと思います。だから、"高い"は戦略なんだと見ています。
面白い展開ですね。羽のない扇風機は冷房、暖房、空気清浄機能までつき、高機能化していってます
そして、他の用途への転用。価格が高いので、デザインと、地肌まで届くとか、巻き込まないなどの付加価値がどこまで訴求できるのか次第という感じですかね
ダイソンにメディアがまた踊らされていますね。一人の顧客としてはいいのですが、実務家としてはもう少し冷静に相対的な商品性能を把握して、ダイソンの極めて巧妙なPR戦略から学ぶ必要があると考えます。
ダイソン悪くないんですが、多分Panasonicのドライヤーには性能も価格も勝てないのではないかと思う。
掃除機も同じく実は国産の三万円ぐらいのものの方がかなり良い。
デザイン買するならダイソンですが。
最初は持ち運びにアリかと思いましたが、4.5万の価格ではそのターゲットの予算感に合いません。となると品質面での比較検討になりますが、まだ一般家庭用ではイメージつかないですね。
使ってみたいよ!
高い。最近の高性能なドライヤーが2万くらいすることを考えても、その倍の価格。ダイソンだとあまり値引きされるイメージもない。
即手に入れたくなる見た目の良さ。美容家電は製品自体のデザイン性がより重要です。
ダイソン (Dyson Limited) は、イギリスに本拠を構える電気機器メーカーである。サイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社として知られる。イギリス・ウィルトシャーのコッツウォルズにある小都市マルムズベリー (Malmesbury) で創業し、本社・研究所などをマルムズベリーに置く。 ウィキペディア