NPバナー.004-3

日本サッカーに足りないもの(第3回)

指導者に大事なのは権威か能力か。日本サッカーが選ぶべき道

2016/4/27

シュートが枠に飛ばない、ゴールが決まらない──。決定力不足は世界中のチームが抱える頭の痛い問題だ。だからこそ、ビッグクラブは大金をはたいて旬のストライカーを市場から仕入れ、鮮度が落ちたらまた次のストライカーを探す。

点取り屋は「育てる」ものではなく、「探す」もの。欧州ではそれが共通認識であり、ヨハン・クライフですらゴールを決める才能を「定義不能な本能」と表現している。

ただし、伝統的に才能を発掘してきた欧州ならそういうやり方でごまかせるかもしれないが、日本ではまだ探すノウハウに乏しい。今すぐに優れた日本人FWを生み出すには、欧州とは異なるアプローチが必要だ。

それに挑戦しているのが、元Jリーガーでスポーツジャーナリストの中西哲生だ。TBS「サンデーモーニング」、テレビ朝日「Get Sports」などに出演し、Tokyo FM「クロノス」で月曜日から木曜日までパーソナリティを務める傍ら、サッカーの指導をとことん理詰めで考えている。

目線がパフォーマンスに影響する

プレーを技術論と動作論に“因数分解”し、さらに生理学や心理学の知見を取り入れ、呼吸法や眼球の使い方にまでこだわる。いわばサッカーの研究者だ。

たとえば眼球の状態が内臓の状態に影響することが医学的にわかっているため、選手たちにこう伝えている。