新着Pick
303Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日の夜に撮った日テレ「スッキリ」のVTRコメントが今朝放映されると、テレビ各社からつぎつぎと電話がかかってきた。メディアは横並びでとりあえずやらないと、という意識になってしまう。
ここで指摘しておきたいのは、パッシングに加担するつもりはないが、論点は明確にしないといけない点である。
神奈川県湯河原の別荘だが、100キロも離れていてガソリンの無駄遣いではないか、との質問があったが、それは論点ではない。危機管理と執務姿勢の問題なのだ。毎週金曜日の2時半に都庁から湯河原の別荘に向かうなど、通常の責任感覚ではありえない。金曜日はいちばん忙しい。毎週都内を離れることは危機管理の放棄である。
都知事はふつうの県知事と違い首都の責任者であり、つねに非常時を意識していなければならない。天変地異、戦争・テロなど1300万人の命がかかっているばかりでなく、皇居、官邸、永田町と霞が関など国家の中枢があり、非常時には日本全体を支える実働部隊をかかえているのだ。
警視庁や東京消防庁の部隊は、外国要人が訪日した際の治安や災害時には原発事故のときもそうだったが、守備範囲は東京に限られていない。
湯河原の別荘の話に戻るが、1.災害無線を設置しているか、2.緊急時のヘリの離発着の場所を確保し訓練をしてあったか、3.ポリボックスを常設していたか、3点のうち1しか回答していない。
これまで、他県の別荘に毎週のように常在した知事はいない。いざパトカーに乗ると神奈川県警の世話になり、県境で警視庁のパトカーに乗り換えるようなことをしていられないではないか。
石原、猪瀬は他県に常在したことはない。自宅の近くの公園などでのヘリの離発着を確認している。
なお、海外出張先のホテルには、スイートルームは必要ない。相手側の庁舎を訪問するからだ。逆に外国要人が来ると都庁を訪問するので、こちらからホテルには出向かない。
公用車は自宅まで、そこからは私用車に切り替えるのが常識。石原さんも逗子の別荘には私用車で行っていた。舛添氏は、公用車で湯河原に直行しているが、これは公私混同。都内へ向かうのは私用車だと弁明しているようだが、それでは緊急事態にどうするのか、危機管理の意識が致命的に欠けていると言わざるを得ない。
都知事の能力とは関係ないところで感情論で揚げ足とってまた別の人にやらせるのもうやめにしなよ。。トータルで考えると完全に損だと思うんだけど。
公人として一番やったらダメなこと。ファーストクラス、スイート、公用車と続き、この時点でアウト。求心力低下は必至。一度付いたイメージは変えられない。
「たいがいにせいよ」という言葉が、これほど似合う男もいない。
こういうトップの問題、対応させられる職員の心中いかばかりか。都としての仕事というタテマエはありますが、いち職員が政治問題になりそうなことについて、応えることは難しいです。正式な質問状や知事室、あるいは広報室から聞くことが王道だと思います。

わかりません、というのは本当に分からないケースもあるかもしれませんが、個人的にはおかしいよね、と感じていることもあるでしょう。直接知事に聞いてくれよ・・・と思いたくもなります。

公務というものは、そういう言い訳が通じないかもしれませんが、元公務員として気持ちはわかりますね。

ちなみに、河野太郎大臣は、大臣になる前は、普段は、地元の平塚から東海道線に乗って通勤していました。

舛添知事は選挙で選ばれています。当たり前の話ですが、民意で選ばれた都知事。選挙の重み、投票の重みは、こういう場合にも出てくるのだと思います。
おときた駿都議のジャーナリスティックなエントリ。要、一読(むろん、二回以上読んでも良いと思いますが)
またですか、先ずは説明言い訳会見と、事実ならそれなりの処分、責任を取ってもらいましょう。
さっさと。
それで、税金を使って選挙ですか?
そしてまた、問題発覚。
そしてまた、、、、、、
都知事としてどうかという質問には規定内で使用しているのなら問題ないでしょうとしか言えない。

しかし舛添さん個人として見た時に、随分小さい人なのだなと思ってしまう。これほどの成果があがっているので費用対効果は大きいです程度の反論はしてほしいのだが。
「わかりません」連発って、そんなやる前から結果の見えてることをわざわざやるって、何の嫌がらせ?

問題がこじれてる段階で迂闊なことは言えないのは当り前。トラブル対処のための取り決めが出来てないと批判することは可能だが。
舛添さん豪遊は国会議員時代からそうなのでは?今更始まったことではないし、パフォーマンスが出せればそれでもいいと思う。ただ成果は特に出ていないけどね。