NPバナー.004-2

日本サッカーに足りないもの(第2回)

日本サッカーの走り方の誤解。地面を蹴ってはいけない

2016/4/26

日本サッカーに「何かが足りない」ことを雄弁に語った試合がある。2001年3月、パリ郊外のサンドニで日本がフランスに0対5で敗れた試合だ。

雨によってピッチが滑りやすく、日本の選手が足を取られたのに対して、フランスの選手たちは重馬場をもろともせず軽やかに走っていた。まるで水面の上を飛び跳ねているかのように見えた。

特に衝撃だったのは、ジダン(現レアル・マドリード監督)だ。ピッチが柔らかい場合、通常はグリップ力に優れた「取替式」のスパイクが好まれる(スパイク裏の凸部分のスタッドが長い)。

しかしジダンは「固定式」(凸部分が短く、足への負担は少ないがグリップ力に劣る)を履いて悠々とプレーしていたのだ。

「自分たちは取替式を履いて滑っているのに、ジダンは固定式でまったく滑っていない。この差は何だ?」

試合後、イタリアでプレーしていた中田英寿を除き、多くの選手が疑問を口にした。中村俊輔はサッカー人生における最も思い出深いゲームとしてサンドニの試合を挙げている。

のちに欧州でプレーする選手が増えると、日本の選手も柔らかいピッチに慣れ、今ではそれほど大きな問題になっていない。しかし、慣れて何となく問題をごまかせているのと、根本的に解決されているのとでは大きな違いがある。残念ながら日本サッカーは、まだ前者の段階にある。

岡崎慎司が大化けした理由

ジダンと日本の選手の差は何か。それは「走り方」にある。イメージを先に言うと、ジダンは地面を蹴らずに走っているのだ。

筆者にこの事実を教えてくれたのは、元陸上選手で岡崎慎司のパーソナルトレーナーを務める杉本龍勇(法政大学教授。1993年日本選手権100メートル・2位)だ。ベルリンに留学して「走る技術」が存在することを知って開眼し、浜松大学陸上部で指導する傍ら、清水エスパルスでフィジカルコーチを始めてこの分野の第一人者になった。小学校のときにサッカーをプレーしていた経験も役立った。

Numberの企画で取材をしたとき、杉本はこう説明した。

「自分の経歴を見て、『走り』をクローズアップされることが多いんですが、僕自身のトレーニングの神髄は『運動神経を良くする』ことなんですよ。走ることも技術の一つなので、運動神経が良くなれば足も速くなるし、ボールスキルも上がる」

その恩恵を最も受けたのが、清水時代に出会った岡崎だ。「足が遅い」と感じていた岡崎は個人練習を直訴して杉本に食らいつき、走り方を180度変えた。その結果、日本代表のエースになり、ドイツで2年連続2桁得点を達成し、さらに今季レスターの中心選手としてプレミアリーグの優勝を成し遂げようとしている。

足踏みでわかる日欧の差

杉本によれば、そもそものリズムの取り方が日本と欧州では異なる。

「直立して立ち、1、2、1、2とリズムを取って、その場で足踏みをしてください」