新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資本金で2位って笑。BTCの取引高で国内ダントツトップなのはzaif.jpです。中国系に続く世界5位を達成しています。 https://corp.zaif.jp/info/1688/
年明けから、投資先の資金調達が続いている。
メルカリ84億円、Kaizen800万ドル、Chatwork15億円、Sansan20億円、そしてbitFlyer30億円。4ヶ月で150億円規模となる。
未発表のものもあれば、これから発表されるものも、まだ続く。

資金調達の発表に際し、おめでとうございます、とは言わないようにしている。
これから、だからだ。これ自体が成功ではないからだ。

かわりに警鐘を。

資金は集めるよりも、適切に使う方がはるかに難しい。

資金を調達すればするほど、3つ、大きな課題が生じる。

1 油断
起業家が1油断すれば幹部は10油断し、社員は100油断する。
一度緩むと引き締めるのは容易ではない。
毎日のケチを徹底するしかない。

2 次に採用の緩み
最大の投資であり、成長の原動力でもあるのが人材なので無理はない、採用を加速する。
加速自体は悪くないが、同じ採用力の会社が5倍採用加速すれば、何が起こるか。自明の理である。
かつて大型調達して、その後さらに成長した会社は採用に成功し続けた。
そうではない会社は、採用が失敗した。
恐るべき現実である。
採用について、脳みそから血が出るほど、考えてほしい。

3 BS計上された資本を、どのようなPLに変換していくのか。あるいはBS投資をするべきなのか。
適切なユニットエコノミクスは確立されているのか?
これまた、脳みそから血が出るほど、考えてほしい。
西村総合法律事務所(西村あさひ法律事務所)時代の後輩の斎藤創弁護士が社外取締役を務めている会社。頑張って欲しい。
ビットフライヤーが30億円調達!
ビットコイン取引所として世界2位!

ちなみに各取引所の取引高等は以下のサイトでみれます。

取引高国内1位と言っている取引所はいくつかありますが、基本的にキャンペーンの有無等で取引高も乱高下していますので、今のところどこが国内圧倒的1位というのは無いかなと思います。

http://jpbitcoin.com/markets
新たなビジネスを成し遂げるには、資金を調達しなくては進みません。多くの資金を提供してもらえていることは、期待の表れです。テクノロジーを待っている企業だからこそ、更にビジネスを拡大出来るものと思います。ブロックチェーン技術による新たなプラットフォームづくりに期待したいと思います。
福田峰之です。
ビットコインが着々と勢力拡大していますね。
何者か良く分かりませんが、お金の概念が変わっていることは確か。
Bitcoinどうなっていくのかなー楽しみです。