新着Pick

JR九州、赤字回避の見通し 計画通り今秋の上場めざす

朝日新聞デジタル
JR九州が2017年3月期に純利益を確保できる見通しであることが25日、関係者への取材でわかった。九州新幹線は熊本地震で脱線して営業を休止したが、同社は大型連休前の28日にも全線再開する方針。業績へ…
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あれだけの大地震が頻発した九州で早くも再開できる日本の新幹線技術は素晴らしい。海外で採用されるのも納得。ここに日本のものづくりの強さがある。
新幹線の売上すごいなあ。北海道とはえらい違いだ。。
思えば、JR九州は地震には何度も煮え湯を飲まされてきた。九州新幹線全線開通の前日に東日本大震災が起き、お祝いムードが一瞬にして吹き飛んだ。そして、今秋、悲願の上場というタイミングで熊本地震。苦しい本業をあの手この手のアイデアでしのいできだけに、なんで、の思いもあるだろうが、艱難辛苦の先にこそ明るい未来が待っていると信じたい。
以前の報道では、国の保有株売り出しは3000億円〜5000億円とも言われていた超大型案件。主幹事は野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、ゴールドマン・サックス証券とJPモルガン証券の5社。
今回の震災の影響を受けるものの、赤字は回避でき、今秋の上場を目指すとのこと。
ーー
関係者によると、今回の新幹線の運休・減便により、数十億円の減収が見込まれる。それでも16年9月中間期も黒字を確保できる見通しという。
復興の1つのピースでもあります。早期再開と今秋の上場を目指して欲しいですね。