新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
夏野さんがリクルートでアルバイトされていたのは20年近く前だと思いますが、20年近く経った今でも、夏野さんの記事にある
「リクルートというのはユニークな社風で、バイトと社員、学生と社会人をあまり区別しない土壌がありました。身分や立場に関わらず、デキるやつはどんどんやれ、という雰囲気です。」
が実践されているのを感じます。学生さんでアルバイトで来てもらっていたこともありますが、本当に区切りなくバリバリと働いていただけるし、我々も仲間の一員としてフラットに接している。
松永さんとは学生の時のリクルートバイトで出会ったんですね。リクルートで新しいことやる時に社員と学生を区別しないというのはすごいですよね。以前リクルートさんの新規事業コンテストのRINGで審査員やった時も、個人的に良いなと思ったサービスの責任者は実は学生でした、というものがあり驚きました
また、中途で入ったばかりという人もいて、いいアイディアと人材さえいれば身分は気にしないというのが徹底されてるんだと感じました
学生でも優秀なら仕事をどんどん任せること。
これは結構珍しいことなのですね(^^;。知らなかった。

リクルートで当然だったので疑問なく。。。
合理的な会社なんですよね。学生、優秀ですよー。
弊社出身バイトたちも企業で超活躍しまくってます。

短期のインターンを就活目的で受け入れるのではなく、相性が合う子はそのままアルバイトして活躍してもらい入社にこぎつける制度がもっと増えていいと思います。入社せずとも、これからはプロジェクトベースの仕事が増えるので将来の社外プロジェクトメンバー候補にたくさん巡り合えます。
間口を広げながら、要所で面白く新しいことにチャレンジしていったことが、松永真理さんとの出会いに繋がるんですね。1日1日を大事にしようと思います。
プログラミングできると今でも重宝されますね
すべてのビジネスパーソンに言えることですが、誰にも負けない「飛び道具」があるとやっぱり強いですね。今日の記事の話はまさにその典型例でしょう。
経済学で Fortranを使用してプログラミングさせるというのは初めて聞いたかも。

Fortranは数理計算に向いていて、BASICと並び化石的に古いがロバストなプログラミング言語だ。今ではすっかりメジャーになったCよりも歴史があるだけに汎用の良いコードが遺産として多く残っている。画像処理の分野では頻繁に使用されている高速フーリエ変換などはその良い例だろう(FFTは有名なので他の言語の良いコードがあるかもしれない)。

工学系はよく知らないが物理学分野では、基礎に立ち戻ってコードを書く必要があるのでCや Fortranは今だによく使用されていると思う。私も大規模な数値シミュレーションをすることがあるので、今でもバリバリFortranを使用している愛好者である。勝手ながら、少し親近感が湧いてしまった。
懐かしのフォートラン。私も卒論でフォートラン使って黄金分割法のプログラム作った記憶がよみがえります。
どこまで役立つかは別として、確かに今の時代経済学は理系なのかも。イギリスの大学で経済学(政治経済学含む)学びたい場合は最低でも数学IIIまでは必要だったりするし。
芸は身を助くということですね。とくにその時々で稀少性のある芸を何か一つでも身につけていると、あとは縁が上手くつながると道は開かれるということでしょう。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
3.99 兆円

業績