新着Pick
440Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MVNOは年明けから拡大が加速している感じであり、今年一杯が勝負。自分が現在支援しているMVNO会社も今年の勝負に向けて鋭意仕込中です。
記事にもありますが、MVNOが注目される理由としては、キャリアからの回線卸値が下がってきていることと、スマホ化による料金上昇と協調寡占による高止まりによるユーザーの不満の蓄積がありますが、日本の市場環境としてはスマホ化によって携帯キャリアのバリューチェーンがアンバンドル化してきたという背景があります。
ガラケーiモード時代では、通信キャリアは回線のみならずiモードというプラットフォーム、更には初期には「公式コンテンツ」としてコンテンツもコントロールしていましたし、ユーザーはキャリアメールを使うということでISPの価値も取込み、端末も基本はキャリア側が仕様を決め端末メーカーは単に作るだけ、という世界にも類を見ないほどの垂直統合を達成していました。
これが、スマホ化により、端末がiOS、androidで標準化されると端末レイヤーは切り離され、プラットフォームもアップストアとgoogleプレイに移行しコントロールを失い、キャリアメールも使わなくなり、というように一気にアンバンドル化(=土管化)が進み、ユーザーのスイッチングコストが大きく下がったということが大きな後押しになっています
一方で、SIMだけを提供するMVNOは参入障壁が低い過当競争。この中では魅力的な端末を取り揃え、量販店などのリアルのチャネルを持つプレーヤーが強みを持っていくと想定されます。その意味で、PHS/データカード会社にすぎなかったところから、格安スマホ路線に転じたワイモバイルの戦略転換は見事だったと感じます
MVNOは明らかに150社は多いため、これから数社の勝ち組と多くの負け組に分かれると予想しています。

ちなみに、MVNOは1年で2.7倍に急成長という記事はこちら。
http://japanese.engadget.com/2016/04/25/sim-1-2-7-2-sim-mmd/

MNNO=格安スマホというネーミングはあまり良くないですね。安かろう悪かろうに見えてしまい、インフラという「絶対的安心」の必要性を少し犠牲にしているように聞こえ、それが「言葉にできない不安感」を創出しているような気もします。

インフラなので「安定して常につながること」「十分なサポートが得られること」が必須で、そこを絶対品質としてユーザーは求め、盲目的にMNOで契約継続、の構図。
MVNOも十分に役割を果たせるレベルになっているので、いかにイメージを払しょくできるか、払しょくできた提供者が勝ち残る気がします。
>実際に端末に接する機会が増えればそれだけ契約を獲得できる期待がある

実際に手にしてみないと、まだ「格安スマホ」に対する不安感があると思います。
契約率の高さを斟酌すると、多くの人たちを満足させる商品なのでしょうね。
一度、見てみたい。
格安SIM、格安スマホ、というネーミングやマーケティングから変えた方がいいと思いませんかね?
これは150社全てにメリットあるため、1社あたり1000万だして一大キャンペーンもはれる。なんなら一億出せる上位5社でもいい。
いやもっと攻めて、ロック解除されたiPhoneSEを全面に出して、SIMだけを訴求しても面白い。iPhoneで格安SIM使えます!など。IIJ、mineoあたりとか。
各社が分散して広告打ってもGRPが少なすぎて埋もれてしまってるので、消費者にメッセージが届いていない恐れがあります。
リアル店舗があるとつよいね
LINEやFacebookでメッセージ送れちゃうので、キャリアメール持ってる意味がほとんどなくなってきてますよね。なので、乗り換えへの抵抗感が相当下がってきている気がします。その意味で、そのへんのアカウントを持っている若い世代から移行が進んでいるのかなと。
僕はこの年末年始のタイミングで、妻の携帯が壊れてしまったのをきっかけにMVNOにしました。壊れてしまったのをすぐに使えるようにしたかったので、実家の近所のイオンに行って契約しました。堀江さんも書かれていますが、こういう時実店舗と繋がっているのは強いですね。普通の乗り換えの状態なら、ネットで頼んで数日内の郵送で何も困らないんですけどね。
勉強になります
市場の盛り上がりは、スタートしてから数年かかるようですね
(MVNOが始まって数年でしょうか?あまり詳しくなく、、)
ライフサイクル的には、成長期にはいったということでしょうか?

特に私も含めて周りが動き出してから動く人って多いと思います
そうなるとまた一気に盛り上がるのが日本らしい、、、気も
「リスクはとりたくないけど、損はしたくない」という気持ちがあるので

最近、あまり動きがないと指摘されている電力自由化についても
まずは、様子見となり、数年後に同じような動きになるのかなと思いました
キャリアメールに言及するあたり、すでに一般消費者層といいますかマジョリティへの浸透が既にかなりの割合で進んできている証左でしょう。MVNOについてはそのリスクを理解しないまま安いからと契約し、後から後悔する事例を少なからず見ているのでその点については心配ですがキャリア3社による半寡占状態であったマーケットに刺激を与えるという意味合いにおいては大変価値があるものであると感じています。
僕は結局キャリアにまだ貢いでいる身ですが...(笑)
150社はかなり多いですね。
MVNO事業をメインで利益を出せそうなのは、MVNEとしてMVNOをサポート出来るIIJ等の数社のみだと思います。

docomo、KDDI、ソフトバンクのMVNO向け接続料金は、数年前と比較して3分の1以外に下がり、新規参入はしやすい状況。
https://newspicks.com/news/1475301?ref=user_135124
しかし、ユーザーが満足出来るスピードを確保しようとすると、途端に大きなコストが掛かってしまいます。
https://newspicks.com/news/1491260

ユーザーの満足度が低ければ、契約的に縛りが緩いMVNOは即解約に繋がる。
乗り換えやすいのはMVNOの利点ですが、それ故ユーザーを引き留めるのは難しい。
MVNO以外で利益を出せる会社でないと、会員増加に耐えられる品質を維持するのも困難。

個性あるMVNOとしてエックスモバイルは面白い存在で、中小のMVNOが生き残る為のモデルケースになり得る。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1604/20/news077.html
Xperia Z5 Compactを輸入で調達したり、マイナーなBlackBerry Priv、イエデンワ等、個性的な端末を用意しています。
マイナーな端末を調達出来るのは、店舗数が多く、対面販売で売り切る自信があるからだと思う。
欧州MVNOの基盤顧客は移民と先住の情強。ところが日本では競争法運用が軟弱なことによってMVNOが発展を始めた。この違いは面白い。
しかし、次のステージは比較的共通するだろう。具体的にはインドにあるMVNE(MVNOを顧客とする受託サービス業者)といかにMVNOが組み、コスト競争力を上げていくか。

業績