新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シェアリング体験第6回は運送シェアです。GoGoVanというサービスです。運送事情があまり良くない国やシンガポールのようにコストが高い国ではポテンシャルのあるサービスだと思います。日本の運送業者が提供する効率的で低料金で良いサービスのレベルの高さも痛感しました。
一方で、シェアリングサービスビジネスの抜け道的な課題も今回は感じる側面がありました。なお、LaLaMoveという類似のサービスも徐々に広がっているようです。

明日の第7回はメルカリに似た感じのフリマアプリCarousellの使用体験を予定しています。
一度アプリを使った後の「抜け道」について。個人的には、サービスのクリティカルな弱点とは思わない。一定期間内にどれだけの需要があるサービスか(タクシーは一日に複数回、Airbnbならマックス一日一泊)によって異なる部分もあるだろうが、既存顧客だけで稼働は埋められない。そうすると、既存顧客を優先しても、サービス提供する個人はアプリでも一定商売するだろう。またサービス経由すれば、保険などがついてきたりするサービスもあるので、人によってはサービス経由することを好む人もいるだろう。むしろ、直接依頼してもらえるくらい「ちゃんと仕事をする人」がいることは、サービス自体の信頼にもつながる。
もちろん全部アプリ経由のほうがサービサーは儲かるが、一定の均衡点に落ち着くもので、クリティカルではないだろう。
シンプルなサービスですね。サービスの5番に、"I need to assemble furniture."があるといいですね。IKEAやMUJIで買った家具をその日のうちに運んで組み立ててもらえると便利だなぁと、思うことがよくあります。
単に道を知っているかどうかくらいしか差の出ないタクシーと比べると、プロとアマの違いがより際立つ配送サービス。
配送中あるいは積み込み時にモノが壊れた場合の保証は誰がするのか?といったことも含めて、なかなか普及するのは難しいような印象を受けた。
この連載の文章が好きですね、合間合間の情景がすごく頭の中に浮かんできて、あっという間に読んでしまう。

GoGoVanは面白いですね、香港で始まったサービスなんですね、香港ではUberと激戦だそう。Uber同様、既存の手段のサービスレベルが低ければ低いほど、需要がありそう。これからが楽しみなベンチャー。
こんなサービスあったのか!先週末イケア@シンガポールでソファー買う前にチェックしておけばよかった!
なるほど。

リピーターが考えられるタイプのマッチングサービスにおいて提供者は逆に、直接指名をとってくることが大事になりそう。

クラウドワークなんかも同じかも。
↓ こういう背景の存在がニーズになり、サービスを生んでいるのだな、と感じます。そう考えると、価格が高止まりしているもの、サービス品質が低いもの、など、価格と価値がアンバランスに感じられているものほど、シェアリングに適しているのかな…と感じます。


「筆者の経験則だが、他のASEAN諸国では宅配や運送は、まだまだサービスの質が低い。」